にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 函館2歳ステークス・中京記念 感想戦

いわゆるヨゴレ芸人がいましたとさという話から、吉本興業の存亡に関わるほどの騒動へと展開を見せたこの週末。
岡本社長がガキの使いで山崎をしばいていたときは腹筋がぶっ壊れそうになったが、シャレにならないことになっちまいましたな。どうなることやら。

そんな芸能界のイザコザとは関わりなく、夏競馬は早くも前半戦の3場開催ラスト。
2歳世代最初の重賞があったり、春のGⅠで好結果を出した馬が激突したりと、見逃せない戦いが繰り広げられる。

◆函館2歳ステークス

①ビアンフェ
⑤タイセイビジョン
⑧プリンスリターン
⑥パフェムリ
③レッドヴェイパー

出負け気味だったビアンフェがテンからグイグイいって先頭に立ち、決して行った行ったの馬場・展開ではなかったが、そのまま突き抜けて完勝。
単にハマっただけかもしれないし早熟なのかもしれないが、或いは稀代のスプリンターのこれが第一歩なのかもしれない。とりあえずこのレースのことを覚えておいても損はないだろう。
 



◆中京記念

⑤グルーヴィット
⑥クリノガウディー
⑦プリモシーン
⑮ミエノサクシード
①グランドボヌール

1番人気のプリモシーンは、鞍上が替わってからの2走で後方から伸びるも交わせなかったことからか好位につける積極騎乗。こういう競馬もいけるという手応えがあったか、ここは試してみようということだったか。
結果、好スタートからやや控えた3歳馬2頭に交わされてしまったが、まあハンデなども考えるとここは次につながる3着といえるだろうか。秋GⅠは牝限だと距離が長いしマイルだと錚々たるメンバーが集まってくるし厳しいかもしれないが、期待を持てる一頭ではある。

勝ったグルーヴィットはコーナーで早くも鞭を使っており、こりゃアカンのかと思いきや、キレる感じではないものの力強い末脚を発揮。
ほとんど互角だったクリノガウディーともども大きな飛翔を期待したい。

一方2番人気に推されたカテドラルは、春に見せた末脚が不発。馬場が向かなかったか、中位に付けた競馬が中途半端だったか。
ハマった時にはGⅠでも面白い馬と思っているので、何とかどこかで賞金を積んでもらいたい。


来週からは札幌・新潟・小倉開催。
一方こちらは夏競馬の間は馬券休んで取り組もうと思っていたことに、ほぼ未着手……

これはあきません。