にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 キーンランドカップ・新潟2歳ステークス 感想戦

事前検討の時間を別の有意義な営為に充てるため、馬券購入を控えていた夏競馬も残り2週。
結局自堕落に過ごしてしまった感は否めないが、馬券活動再開となる中山開催が異常に楽しみで胸が弾みまくりという効能は覿面。

来たるべく季節を実り多きものにするためにも、晩夏の戦いはきっちりチェックしなければならない。
まして、秋一発目のGⅠやら、やがてはクラシックをも賑わすかもしれない英傑たちが集うとなれば尚更のこと。

◆キーンランドカップ

⑬ダノンスマッシュ
⑦タワーオブロンドン
⑯リナーテ
⑭ライトオンキュー
①ナックビーナス

昨年逃げて完勝したナックビーナスが今年もハナを切って飛ばすが、あの時影を踏むこともできなかった2着馬は一年を経てはるかに強くなっていた。
中団から慌てず騒がず外を回して伸びてきたダノンスマッシュが、前をとらえて後ろは振り切り完全勝利。強いなと思わせる勝ち方だった。
春のGⅠでも負けて強しの印象だったこの馬が、秋も有力と見ざるを得ないところか。

後方から内を突いて伸びてきたタワーオブロンドン。2歳〜3歳春時の期待値の高さやら、コンスタントに使えてきてないことが災いしてか、自分みたいなものはついつい過小評価したくなってしまう一頭だが、強いのは確か。
秋はこのままスプリンターズSに向かってくれるのだろうか。じっくり休んで阪神Cが大目標とかいうのはやめていただきたいところ。

テレビ局のカメラによっては2着に見えたリナーテはダノンスマッシュ完全マークがナイスだったと見るべきか、さすがに外回しすぎと見るべきか。
ようやく本格化してきた感があるが、クラブの5歳牝馬。陣営としては繁殖に上がる前に重賞制覇という手土産を獲得したいところだろうし、十分期待もできる。
 



◆新潟2歳ステークス

⑥ウーマンズハート
⑬ペールエール
⑦ビッククインバイオ
②クリアサウンド
①エレナアヴァンティ

2歳戦とはいえ重賞としてはだいぶペースが遅かっただろうか。
我が永遠の愛馬であるレインボーラインの姪っ子ということで贔屓にしているビッククインバイオが番手から3着に粘る大健闘を見せてくれたが、これで世代上位とみなすのはさすがに楽観的すぎるだろう。
賞金も積めなかったので次がかなり重要な一戦になるはず。何とかクラシックに乗れるように願いたい。

前をとらえられる絶好の位置に付け、先に抜け出したペールエールは完璧な競馬だったと思うが、それを力でねじ伏せた感のあるウーマンズハートの現時点では文句なしの強さ。

年末のGⅠ、ひいてはクラシックへの名乗りを上げた一番手が、非ノーザンの女傑というのも興味深く、リアアメリアの衝撃から始まった新世代の戦いも盛り上がってきた。

次の週末の戦いももちろん注目ではあるが、さらにその次、不肖の己が戦いの場に舞い戻れることが楽しみで仕方がない。