にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 神戸新聞杯・オールカマー 予想

東西とも秋の大舞台を占う重要な一戦ということで大注目ではあるのだが、馬券的には少頭数だしまず固そうだしどうしたもんかなあと悩ましいところでもある。
あえて人気どころに隙を見出すか、固いながらも珍しく東西W的中なぞにありついた昨年の再現を目指すか。

◆神戸新聞杯

◎⑤ヴェロックス
◯③サートゥルナーリア
▲⑥シフルマン
△⑧ワールドプレミア

皐月賞1・2着でダービー1・2人気だった2頭が力上位なのは人気を見るまでもなく明らか。よほどのことがない限りこの2頭で決まるだろうなと思う。

ではその順列はどうかというと、前日時点で単勝1倍台のサートゥルナーリアよりも2倍台のヴェロックスを推したい。
単純に皐月賞ではほぼ差のない競馬をして、ダービーではしっかり交わしきっているわけで、同格以上の評価をして然るべき。
また、こういうのは下衆の勘ぐりというやつかもしれないが、生産牧場目線で考えたとき、既にGⅠを2つ勝っている馬と、世代トップと目されながらもまだ重賞勝ちのない馬と、この舞台で勝たせたいのはどちらの方なのかと。ジャスタウェイ産駒の重賞初勝利も渇望されている筈。

3頭目候補は、なかなか数使えてはきていないものの、出れば必ず好走して馬券にもなっているワールドプレミアというのが常道かもしれないが、ここはシフルマン松山が先行して残してくれることに期待したい。
若葉Sではしっかり捕まってしまったものの、その後長期休んでいた馬と、連勝してきた馬とで逆転していてもおかしくはない。
 



◆オールカマー

◎⑨スティッフェリオ
◯⑧レイデオロ
▲⑦ウインブライト
△①ミッキースワロー

もちろん一番強いのがスティッフェリオとは思ってはいない。
が、春はイマイチの結果でノーザン内の序列も明らかに下がったであろうレイデオロ、言っても初めての海外帰りのウインブライト、成績にムラがあり後方からの追い込みか捲りが決まらないと厳しいミッキースワローと、人気どころが多少なりとも不安があるとなったら、先行するであろうこの馬を交わしきれない馬も出てくるんじゃなかろうかと。

雨が降ったらなおのこと。こっちのステゴかいとなることは十分にあり得る。


というわけで、1、2週遅いかもしれないが、今週のテーマは先行する馬買っとけということになったようで。
穴はなかなか後ろからは空かない。