にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 スプリンターズステークス 予想

わざわざ好んで21キロ強もの距離をヒィヒィ言いながら2時間近くかけて走る己と、1200メートルを1分強で疾走する駿馬と、どちらが賢明で価値のある動物なのか。
考えるだに虚しく、せめて気持ちよく馬券は当てたいところ。

幸いシリウスSは的中にありついて、景気付けはできている。
と、土曜日に勝利をもたらしてくれた騎手たちが、ここでも気になるような。。。

◆スプリンターズステークス

◎⑨ディアンドル
◯⑤レッツゴードンキ
▲②ダノンスマッシュ
△⑦モズスーパーフレア

そりゃ前哨戦で凄まじい勝ち方を披露したタワーオブロンドンは怖い。
が、間違いなく前走はメイチ。その時点でルメールは本番で別の馬に乗る予定で、この馬はサマースプリント王の称号と賞金を全力で取りにきていた。
グランアレグリアが回避に至ったのは、この馬が想定以上に強すぎたため、GⅠもこっちで取りにきたなんて見る向きもあるようだが、厩舎と騎手はともかく馬主・牧場が別勢力である以上それは勘ぐりすぎ。
当初の見立て通り、ここでお釣りがあるか怪しく、まして初の中山コースで力が出せない可能性もあるととらえたい。

そして中山が初というのは他の有力どころ、ダノンスマッシュやミスターメロディも同じ。この特殊な小回りコースでは力が出せず案外ということもあり得る。
右回りが若干不安で枠も悪いミスターメロディは切り、枠が良くて大体どこでも好走しているダノンスマッシュは抑えとしておきたい。
 



本命は3歳牝馬のディアンドル。
高速決着になったときに、通用するかどうか若干不安ではあるが、デビューからずっと1200に拘って使ってきて全連対。この大舞台に期するところは大きいのではないかと。

相手は牝馬の大先輩・我らがレッツゴードンキ姐さん。
これまでのスプリント戦の結果を眺めるだに、徐々にピークアウトしていってるようにも見えるが、昨年のスプリンターズも今年の高松宮記念も最後にはしっかり脚を使い上がり最速を出している。
決して走る気をなくしたわけではなく、十分な実績を残してきているこのコースでの復活劇も期待して良いのではと。

モズスーパーフレアの逃げ切りは当然警戒。どうせ逆噴射するんじゃね? とか薄っすら思いつつも、中山での抜群の戦績を見るに、切るわけにはいかないなと。


他にも前走ダノンスマッシュと0.1差、タワーオブロンドンとほぼ同着に近かったリナーテや、前走タワーオブロンドンとほぼ差のない競馬をしたイベリスなども気になるが、まあタワー自体は切りの方向だし、気になるの全部買っていたらきりがないのも確か。
絞って買うべきか、広くいって運が良ければ高め配当を期待するか。もう少し悩むことにしよう。