にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京都大賞典・毎日王冠 予想

土曜は休みだったものの、世陸を朝方まで見てしまい(3000障害凄かった)、昼前まで寝て、起きて洗濯だけして、また夕方まで寝てしまい、一日が終わりつつあることに途方に暮れつつ競馬の結果見ながら酒を飲むという典型的ダメダメ休日を過ごしてしまう。

んで、秋のビッグレースにつながるGⅡ戦が東西で行われる日曜日は出社。何と非情なる世の中であることか。
酩酊で絶望をひととき忘れ、混濁した思考で勝ち馬を導き出す。

◆京都大賞典

◎⑥シルヴァンシャー
◯⑨エアウィンザー
▲⑯グローリーヴェイズ
☆⑧パリンジェネシス

春に活躍した2頭、天皇賞でフィエールマンと最後まで競り合い3着以下を大きく引き離したグローリーヴェイズと、5歳春にしてGⅠ級とも十分に渡り合える力があることを示したエアウィンザーが力上位だとは思う。
(エタリオウについてはやや懐疑的。走っちゃったらしょうがないといったところか)

が、今回本命としたいのは3連勝で初重賞挑戦のシルヴァンシャー。
こういう馬は結局重賞では要りませんでしたなんて結果になることもままあるが、2走前にメールドグラースを下していたり、上でもやってくれる方の上がり馬なんじゃないかという気がしてならない。
ケガなどもあり順調に使えてはいないが、まだ4歳。これぐらいの馬が前哨戦で強さを見せ、秋の王道路線に挑戦してくれるとまた俄然面白くなるという期待も込めて。
 



◆毎日王冠

◎③アエロリット
◯⑨ダノンキングリー
△①ケイアイノーテック
△④インディチャンプ

GⅠ馬5頭、それもすべてマイル王者が府中1800にて顔を揃える。ここの後は府中2000か淀のマイルかなんてことも考え合わせたり、実に興味深い前哨戦。

この舞台であれば、アエロリットが逃げ粘れるのではないかと見ている。
それなりにタイトな時計でも、(今回に関しては)遅めでもいけそうなこの馬にとって、津村騎手テン乗りということで多少なりとも人気を落とすのであればありがたい限り。
まあ本音を言えば、ダノンキングリーがいる戸崎は仕方ないとして、横山典騎手にはエタリオウでなくこっちに乗ってほしかったなぁと思ったりもしてしまうのだが。

対抗はダノンキングリー。
初めて3歳世代のトップクラスが古馬と激突ということで、まだ力関係はわからないわけだが、インディチャンプより4㎏、ペルシアンナイトやモズアスコットより3㎏斤量で恵まれているのは反則のように思えてならない。
ダービーのように先行する馬を捕まえきれないという展開になるんじゃないかと対抗止まりとしているが、勝ち負けは必至ではないかと。

馬券的にはこの2頭の馬連に一点しぼったとしても3倍台。ドカンと突っ込む人もいるかもしれないが、さほど予算の無い身としては3頭目もどうにか絞って当てたいところ。
順当に春のマイル王者のインディチャンプか、春2戦で彼より着順は下だったが同等以上の上がりを使っていたケイアイノーテックが飛び込んでくるか。

お気に入り馬でもあるペルシアンナイトについては、ここではなく次の舞台で真価を発揮してもらうことにしよう。