にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 スワンステークス・アルテミスステークス 予想

この秋一番どころか、今世紀最高のメンバーとまでいわれる大決戦を日曜日に控え、こちらぼちぼち不惑のおじさんもワクワクドキドキが止まらない状態であるが、その前の土曜日にも今後に向けて注目の一番が。
日曜の決戦で1番人気になるであろう名牝を、もしかしたら超える逸材かもしれないと囁かれる若き才媛と、当方が贔屓している馬が対決ということで、朝のうちに洗濯やらなんやら済ませて府中まで出向こうかなと思っとる次第。

となると、その前夜に書くブログなぞはちゃっちゃと済まさなければならないわけで。

◆スワンステークス

◎⑦グァンチャーレ
☆⑬キャナルストリート

18頭立てで紛れもありそうだが、そういう時こそあれもこれもと買わずに絞り込むことが肝要。

グァンチャーレが本命。
もう7歳馬ではあるが、3着だった昨年時よりも強くなっていることは安田4着をはじめとする近走の成績を見れば明らか。
長年オープンで惜敗してきたが、ついに勝利を挙げた昨年秋あたりに本格化を遂げたのではないだろうか。
メンバー的に先行馬にきつい流れになるかもしれないが、行く馬がいれば好位に控えたレース運びもできる馬。どれかに差されるかもしれないが、3着までに残れることは濃厚なのでは。

穴馬として面白いのはキャナルストリート。前走リステッドで1番人気に推されながらも案外で、ここでぐっと人気を落としている。
初の関西輸送、新馬戦以来の右回り、道悪も経験なしと、もし人気していたら嫌いたい要素満載だが、大穴となってくるとその辺りが未知の魅力へと変換されるから不思議なもの。

ダメ元でこの2頭のワイドを少し持って観戦なんてのはどうかなと考えている。

 



◆アルテミスステークス

◎⑤ビッククインバイオ
◯⑨リアアメリア

名牝の予感と期待が強く漂うリアアメリアが府中で凄まじい勝ちっぷりを披露するのを見たいという気持ちは自分にも確かにある。
で、そんな馬がいるレースで往々にして起こりうるのが、各陣営が牽制し合い、前にいる馬をみすみす逃してしまうなんて展開。

そうなるとこちらが贔屓しているビッククインバイオには好都合。もしリアアメリアが下馬評どおり圧倒的強さを見せたとしても、ちゃっかり2着や3着に残っている公算は決して低くないのでは。

ただ、この2頭に絞っても前日時点でワイド2.8倍ほど。ここは見にして応援のみという手もアリかも。


垂涎の週末。
注目の2歳戦も、大注目の最強馬決定戦も、月曜日には終っちゃってて仕事行かねばならないことを思うとちとツラかったり。