にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 スワンステークス・アルテミスステークス 感想戦

後の世まで語り継がれるかもしれない令和最初の天皇賞の映像を何度となく観かえしたり、日常の中でもあの光景を脳裏に浮かべたり。
思いっきり余韻に浸ってるわけであるが、すぐまた勝負はやってくる。次へと目を向けなければならない。

そのためにも今一度振り返る。この先に大きな意味を持つかもしれない土曜の重賞を。

www.bakenbaka.com

◆スワンステークス

◎⑦グァンチャーレ
☆⑬キャナルストリート

【買い目】
馬連・ワイド ⑦ー⑬

【着順】
⑰ダイアトニック
⑩モズアスコット
⑧マイスタイル
⑭タイムトリップ
⑦グァンチャーレ ◎

人気薄の先行馬たちが前を引っ張る展開。
3ハロン34.6は重に近い稍重の馬場では厳しかったか、それとも行った馬たちが単に力不足だったか先行馬は全滅。
中団から伸びてきたのは距離短縮が奏功したらしいマイスタイル、そしてGⅠ馬の貫禄モズアスコット。しかし更に後方からその2頭をも飲み込む末脚を見せたのは世界的名手が手綱をとったダイアトニック。
昨年の秋はなかなか1000万下を突破できず足踏みしていた馬が、今年の秋は一躍マイル王の有力候補に。

こちら本命のグァンチャーレはいつもの先行策でなく、控える競馬をしてそこそこの伸びで何とか掲示板。
本番を見据えてのことらしいし、先行馬全滅の結果を見るに間違いだったとは言えないが、この馬なら前で粘れたんじゃないかなぁなどと思ってしまったり。
キャナルストリートはさすがに狙いすぎだった模様。

 



◆アルテミスステークス

◎⑤ビッククインバイオ
◯⑨リアアメリア

【買い目】
単勝 ⑤
馬連 ⑤ー⑨
3連複 ③ー⑤ー⑨

【着順】
⑨リアアメリア ◯
⑧サンクテュエール
⑤ビッククインバイオ ◎
④ラインオブダンス
⑥オータムレッド

期待どおりビッククインバイオが逃げる。どうにか粘ってくれと祈りを送る。
が、サンクテュエールが常にプレッシャーをかけてきて、あーもー邪魔くさいなぁとこちらは気が気でない。
まあルメールとしても、リアアメリアと駆けっこになってしまっては勝ち目がないと、ペースを作りたかったのかもしれないが。

そのリアアメリアはまた後方から。道中引っかかる仕草も目立っており、オヤオヤ大丈夫かいなと。
で、結果は全然大丈夫。(少なくともこのレースにおいては)
後方からやっぱ凄いやという豪脚を見せ、着差以上に強さを感じる勝利を収める。

リアアメリアの伸びと、ビッククインバイオの粘りぶりに、おっ馬連は取れたんじゃないかと喜びかけるも、2番人気のサンクテュエールがジリジリ伸びてきて、万歳ナシよの結果に。まあ人気どおりの強さを出されてしまったという形だろうか。

もしリアアメリアが下馬評どおり圧倒的強さを見せたとしても、ちゃっかり2着や3着に残っている公算は決して低くないのでは。


予想記事でビッククインバイオについてこう記していたのは割とドンピシャだったが、馬券を取れねば何の意味もない。
にしても重賞でまた3着。なかなか賞金が積めずに苦労するなぁと。


振り返るとこの週はシルク祭りだったんだなぁと。
ここで勝った2頭もおそらく次はGⅠの大舞台。同じ勝負服のスーパーホースに続くことができるかどうか。注目したい。