にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 アルゼンチン共和国杯・みやこステークス 予想

GⅠひと休みの週ということで、こちらもいつもよりは肩の力を抜きつつも買うレースはしっかりと取りにいって、秋後半へ向けて気力体力軍資金とアップさせていきたいなぁと。

土曜の2歳重賞二つは見とし、日曜でしっかり稼ごうという思惑だが、さて上手いこといってくれるかどうか。

◆アルゼンチン共和国杯

◎④アイスバブル
◯⑤ルックトゥワイス
▲⑦ムイトオブリガード
△⑨ノーブルマーズ
△①アフリカンゴールド
△⑩トラストケンシン

今の府中の芝は先行して軽く走れる馬を買っときゃ良い……というのは2400まで。
初っ端に坂がある2500になるとレースの様相は異なることは今年のダービーと目黒記念を見比べれば瞭然。
一昨年のスワーヴリチャードのような明確な力上位がいればまだしも、今回のメンバーの中なら持続力と舞台経験がものを言うのではなかろうかと。

というわけで青枠の目黒記念上位2頭を本命対抗に。その時と着順と評価が入れ替わっているのはもらった斤量の差もあるが、どちらかといえば好位での競馬で好結果を出すことが多い印象のある福永騎手にゲートいまいちのルックトゥワイスが合わないかもなぁという不安から。

そんなこと考えつつ、最内のアフリカンゴールドが先行してそのまますんなり1番最初にゴールインなんてこともありそうではあるが。

 



◆みやこステークス

◎⑭ウェスタールンド
◯④アングライフェン
▲⑨アナザートゥルース
△③キングズガード

1コーナーまでがそんなに長くなく、インティが大外、他にも主張しそうな馬が結構いるということで、ここは京都ダートといえど差し・追い込みが決まると展開決め打ちでいきたい。

そうなると、昨年のチャンピオンズカップ2着の追い込み馬に世界的名手が跨がり、さほど人気していないとなると買いの一手。飛んでくることを期待したい。

相手は本命より少し前の位置から速い上がりを使えるアングライフェン、更に少し前からいけるアナザートゥルースで。
前走である程度距離にメドがついたキングズガードも展開ハマれば。


11月のGⅠデーは休みにした分、この日曜は出勤。とはいえ久々に仕事休憩時間にウインズとか行ってしまおうかなと考えると少しワクワクもできたり。
結果も出ればなおのこと良いが。