にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 武蔵野ステークス・デイリー杯2歳ステークス・福島記念 感想戦

週末には京都行が控えており、既に我が心は淀のターフへ向かいつつある。
昔の人は言ったらしい。急いてはことを仕損じる。ここは先週の回顧をしっかりやり、反省を生かして遠征で負け続きの流れに終止符を打ちたい。

www.bakenbaka.com

◆武蔵野ステークス

◎⑧ドリームキラリ
◯③デュープロセス
▲⑨タイムフライヤー
△⑤エアアルマス
△⑪サンライズノヴァ

【買い目】
馬連 ⑧ー③⑤⑨⑪
3連複 ③⑤⑧⑨⑪
3連単 ⑧⑪→⑧⑪→⑨

【着順】
⑦ワンダーリーデル
⑨タイムフライヤー ▲
⑮ダノンフェイス
②ダンツゴウユウ
⑪サンライズノヴァ △

「あの馬が楽に逃げられるはず」という見立ては、その馬を買うにしろ買わないにしろ、予想の出発点としてはよくあるのだが、変に突っかけてくるのがいたらその時点で水泡に帰すことになる。
そのようなことが起きたとき、えてして短絡的で自己中心的な人物は突っかけてきた馬や騎手・陣営に対し、邪魔だのレースを壊しただの非難をしたりする。

何が言いたいかというと、ウチパク邪魔くせぇ。

東京・中山のダートで内田騎手が先行穴馬に乗っていた場合はついつい買いたくなってしまうこともよくあるが、ここではハイペースを演出して我が本命のドリームキラリら先行馬を潰し、己も15着へと後退という、邪魔くさい以外に言いようのない所業を披露してくださった。

意表の先行策だったサンライズノヴァにとっては不幸の展開。森泰斗騎手にとっても中央重賞勝利という勲章を得る大きなチャンスだったが、南関の先輩に潰される。
それでも先行した馬で唯一掲示板に残ったあたり、やはり強かった。馬にとっては新境地開拓かも。

展開を読み取ったか、はたまたハマっただけか、ワンダーリーデルがうまく抜け出して勝利。
パワー系の印象が拭えない内田騎手に対し、こちらのベテランは時として実に巧みな技を見せつけてくれる。二週連続重賞勝利の51歳、来週のGⅠでも有力馬が転がり込んできており、当然侮れるない。

ここが買いどきと▲つけていたタイムフライヤーが2着に好走するも馬券は取れていないのがツラい結果に。
もうこんなオッズでは買えんと、機会の逸失を嘆く。

 



◆デイリー杯2歳ステークス

【着順】
①レッドベルジュール
⑩ウイングレイテスト
③ペールエール
⑦トリプルエース
⑧ライティア

こちらでもベテランの技が炸裂。
もしや公開調教なんじゃないかとすら思われたレッドベルジュールの道中だったが、後方から巧みなコーナーワークでインに飛び込み、気づいたら好位におり、そのまま突き抜けるという、淀を知り尽くしたレジェンドならではの騎乗で重賞勝ち。
外回した馬とどんだけ走った距離が違うのか、有識者に計算してもらいたいところである。

馬券は見。ヘタに違う馬買っていたら、ユタカの技以外に目がいってしまってたかもしれないので、良かったかなと。

◆福島記念

【買い目】
馬連 ⑨ー④⑥⑪⑫/⑥ー⑪⑫
3連複 ⑥ー⑨ー④⑪⑫

こちら予想記事上げていないが、⑨ステイフーリッシュと⑥デンコウアンジュ本線に、有力そうなところへと。
1番人気のにっくきウチパク騎乗のクレッシェンドラヴも強かろうが、ここは買い目のメンバーの方がより強いと見る。

【着順】
⑩クレッシェンドラヴ
⑨ステイフーリッシュ
⑫ミッキースワロー
⑮ウインイクシード
⑤レッドローゼス

フシアナ炸裂。1番人気は安易に切っちゃダメなのよね……

折角過小評価と見てとったステイフーリッシュが来てくれたのに、そこ拾えればまず取れるであろう馬券をみすみす逃す。
願望が強くなりすぎてしまい、現実が見えていない買い方になってしまったと反省。


エリ女だけ渋くも勝利できたことで、この週の収支はほぼトントン。
何だかウチパクさんを逆恨みしてしまいそうな土日だったが、まあいずれ利子つけて返していただくことにしよう。

さて京都決戦。楽しみ。