にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 マイルチャンピオンシップ 予想

二度目の京都遠征、初日はまず上々の出来。

8レース買って的中は2レースだが、いずれもそれなりのヒットで新幹線代片道分ぐらいは補填成功。
まあ夜にしこたま飲み食いしてその半分以上が胃袋へと消えてしまったが。

なのでまだまだ物足りない。ここは秋のマイル王決定戦もモノにして、河原町で豪遊といこう。
さあ夢のお座敷遊びへ。待ってて芸者さん。こんぴらふねふね。

◆マイルチャンピオンシップ

◎⑭ダノンプレミアム
◯①ダノンキングリー
▲⑦ペルシアンナイト
△⑤インディチャンプ
☆②グァンチャーレ

やはりどう捏ねくりまわして考えても、ダノン2頭が強い。
『力をきちんと発揮できれば』という但し書きは入れる必要があるが。

 


プレミアムは、キャリア初めての中2週という短いレース間隔が、古馬になってからのイレコミ癖も相まって大いに不安。
不利どうこう以前に最悪の出来で臨んだ安田記念の悪夢再びということも考えられる。
逆に言えば、心身整った状態で出てこれさえすれば間違いなく力上位。右回り無敗の恐ろしさを存分に見せつけてくれる筈である。
枠はさすがにもっと内が良かったが、⑪〜⑬の3頭が後方からになるであろうということもあり、そんなに無理なくスッと先行争いに加わり、良きところに収まることができるのでは。ハイペースの経験に乏しいので、アルアインあたりが強引に前に競りかけ流れが速くなってしまう……という展開だけは少し怖いだろうか。

もしきちんと力を発揮したプレミアムを倒せるとしたら、同じ冠名を戴くダノンキングリーのみだろう。
ほんの少し天稟が傾いていたら、皐月・ダービーの二冠馬となっていてもおかしくない力の持ち主で、毎日王冠では並いる強豪をまとめてとらえる強い勝ち方。
こちらは初の関西輸送と、鞍上負傷による騎手変更が不安点。GⅠにおける横山典騎手の信頼度は或いは戸崎騎手より高いのかもしれないが、新馬からずっと乗ってた鞍上が交替する1戦目というのは疑うべしと聞いたことがある。

ダノン2頭のどっちか、或いはどっちもが力を出せないことがあったとき、台頭しそうなのは昨年2着、一昨年1着と適性バッチリのペルシアンナイト。
馬券外が続いているが、この馬については過去走の結果をさほど気にしてはいけない。新相棒がどうエスコートするかわからぬが、チャンスはあるかと。
そういえば札幌記念、府中の前哨戦と馬券にならず、本番のGⅠで3年連続連対した馬が最近いたような。。。

春の王者・インディチャンプももちろん有力。

そしてグァンチャーレを特穴として推したい。
先行志向の馬が多いとはいえ、マイスタイルは逃げるのは2000以上のみだったりと、おそらくハナを取り切るのはこの馬ではないかと。
マイラーズカップでパクスアメリカーナやインディチャンプを下した粘りを見せてくれれば。


こんな具合だが、買い方が非常に悩ましい。オッズの動き次第では、本命の単勝ドカンもありだろうか。
できれば天皇賞のとき同様、返し馬見てから決めたいのだが、指定席ナシの今回はそのタイミングで買いにいけるか甚だ怪しく、どうしたもんかなと。

何がなんでも勝利を収め、戦い終えた京都の夜でシュラシュシュシュといきたいところ。