にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 チャレンジカップ・ステイヤーズステークス 予想

ぐっと冷え込みが強くなり、行楽としての競馬の季節は過ぎていったかもしれないが、まだまだ熱い戦いは続く。
そんな時節を迎え、我が馬券状況はといえば、完全に負のスパイラルに入ってしまった感が否めない。

何とか脱却を図るべく、最初に挑むは土曜の二重賞。
ここをホップステップとクリアして、日曜に控える砂の王者決定戦で高々とジャンプといきたいところであるが、果たして。

◆チャレンジカップ

◎②ギベオン
◯⑤ブラックスピネル
▲⑦トリオンフ
△⑨ステイフーリッシュ
△④ロードマイウェイ

ちょっと難しすぎる。
出走表を眺めると、調子や展開次第ではGⅢぐらい軽く勝ってしまいそうな馬が何頭かいるが、その中で実際に勝つのは一頭。

本命としたのはギベオン。
1年前に重賞を勝った4歳馬で、近走もそれほど崩れた負け方はしておらず、馬券内に入る信頼度は高めなのでは。
まだまだ若手。昨年魂の差し返しを見せてくれた勝負根性にまた火がつけば、もっと大きな舞台への挑戦も望めるのでは。

ブラックスピネルは楽に逃げる形になれば、なかなか捕まってくれない筈。
同型との兼ね合いが気になるが、ロードマイウェイは距離延長、トリオンフは長休明けで、今回そこまで大胆には来ないのではなかろうか。
思えば、当時は2000でなく1800だったが、現地観戦した三年前のチャレンジカップを走った馬の中で唯一の現役馬。ちと応援したくもなるなあと。

長休明けのトリオンフは状態さえ戻っていれば楽勝まであるかも。

唯一の3歳馬のロードマイウェイは、大敗した若葉S以来の2000mでどうなのか不安だが、4連勝とかしてきてる馬は距離だの相手関係だの気にせず抑えておくべき。

 



◆ステイヤーズステークス

◎②ヴァントシルム
◯⑦レイホーロマンス
△⑧チェスナットコート
☆⑨ベイビーステップ

ちょっと難しすぎる。
出走表を眺めると、単勝1〜4人気の馬が皆前走二桁着順であったりと、GⅡを勝てそうな馬が見当たらないのだが、それでもこの中から一頭は勝ち馬が出てくる。

本命はヴァントシルム。準OPでしのぎを削ったシルヴァンシャーが京都大賞典で、タイセイトレイルがアルゼンチン共和国杯で好結果を出したところを見るに、今回の相手関係ならばこの馬もそれに続けるはず。

対抗のレイホーロマンスは、牝馬で果たしてこれだけの長距離いけるのかと不安もあるが、ドスローとなり結局スタミナはさほど関係ないキレ味勝負になるのでは。
得意の中山で、坂道で牡馬たちをごぼう抜きする光景が見られるかもしれない。

もしカフジプリンスが現役続行できていてここに出てきてればかなり人気になるかと思うが、その馬を春天で0.5秒上回ったチェスナットコート、少なくとも衰え明らかなアルバートやリッジマンといった過去の勝ち馬よりは買えるんじゃないかと。

ベイビーステップの逃げ残りも想定はしておいた方が良い。穴が開くのは前からである。


こんな感じで。ふたつ◯を付けてちょっぴり大人な土曜日になるだろうか。