にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 チャンピオンズカップ 感想戦

秋のGⅠシーズンも天皇賞秋・JCと終えると何だか雰囲気が異なってきて、グランプリはまだ残っているものの、そろそろ店じまいの気配も漂ってきて少し物寂しさを感じたり。

が、ダートの方はここからがますます熱い季節。
南部杯・JBCももちろんステータスの高いレースではあるが、GⅠとGⅠ級ではやはり高揚感が異なることは否めない。
チャンピオンズカップを皮切りに、東京大賞典、フェブラリーステークスと、それぞれ趣の異なる条件下で頂点を競う砂のGⅠ戦線が幕開け。熱い。
あまりに熱く、思わず『少しも寒くないわ』などと鼻唄もとびだしてしまったりしまわなかったり。馬券の方もお寒い結果にならなければ良いのだが。

www.bakenbaka.com

◆チャンピオンズカップ

◎③チュウワウィザード
◯⑪ゴールドドリーム
▲⑤クリソベリル
△④インティ
☆②モズアトラクション
☆⑬ワイドファラオ

【買い目】
3連複 ③④⑤⑪
3連複 ②ー③ー⑤⑪
3連複 ③ー⑬ー④⑤⑪

 


【着順】
⑤クリソベリル ▲
⑪ゴールドドリーム ◯
④インティ △
③チュウワウィザード ◎
⑫キングズガード

このレースのポイントは、名手・武豊の逃げと、その恐ろしさと攻略法を知る川田・ルメール・福永の3名がそれぞれ攻略し得るだけの有力馬に騎乗していたことだったのではないだろうか。
と言っても別段大仰なことではなく、基本的にはスローだが、力のない馬でも付いてこれたり直線だけの瞬発力勝負になるほどには緩ませない巧みなペースを刻む体内時計お化けを、強い馬でしっかりマークするだけのお仕事ではある。

それをバッチリやってのけたのはクリソベリル騎乗の川田将雅。隣の枠のインティの後ろをスムーズにとり、終始射程に入れ続けて走ることに成功。
逆隣にいたチュウワウィザード福永もその位置をとりたかったとレース後のコメントで言っていたが、テンである程度促していたのにほぼ持ったままのクリソベリルに先行できなかったあたり、騎手に非があるのではなく馬の差。ウチパクさんよろしくテンからぐいぐい押して強引に好位置をとるという手もあるが、いきなり脚を使うのはあまりにもリスキーすぎる。
ラストの直線はともかく、ここで譲った形になった騎手を叩いている人は競馬というものが動物を走らせているものだということを理解していないのだろう。

他方のゴールドドリームはゲートに不安があり、また中京ダ1800という舞台はともすれば外枠の馬がなかなか進出できぬままコーナーに入ってしまい外を回されがちなので心配ではあったが、ここは五分以上のスタートを切ることができ、⑥〜⑩の馬が揃って出脚が速い方でなかったことも幸いし、すんなりと好位につけることに成功。
インティでなくクリソベリルを見る形になったが、枠を考えたらほぼ理想どおりの位置どりだったのでは。

レースは淡々と流れ、直線でもインティは脚色衰えず、残り100mあたりまで先頭を譲らなかったが、強い馬にきっちりマークをされてはさすがに厳しい。
フェブラリーSの時とは違い届く位置から勝負できたゴールドドリームが差し切ってGⅠ3勝目かと思われたが、クリソベリルがゴール前二枚腰のひと伸びを見せ同じ父を持つ先達をクビ差で交わし、無敗のダートチャンピオンが誕生。
相手大幅強化により接戦となると脆さを見せるのではと危惧されていたが何のその。自分の競馬をしたインティ、それを上回ったゴールドドリームを更に上回っての戴冠なので文句のつけようもない。
惜しむらくは、昨年同等以上の衝撃を与えてくれたルヴァンスレーヴが不在だったこと。是非万全で出てきてクリソベリルとの真の王者決定戦を見せてほしいところだが、あちらさんはそもそもまた出てこれるのかが不安だったり。うーん見たい。

我が本命チュウワウィザードは、内内を通りコーナーワークも抜群だったが、前をクリソベリルと垂れてきたテーオーエナジーに阻まれてしまう。
まあインベタに賭けた際に前が壁になる可能性があるのは当然のリスク、ここも非難には当たらない。実際、邪魔じゃいとばかりにテーオーを吹き飛ばす闘志あふれる騎乗を見せてくれた(感心できることではないが)。
不可解だったのはその後、クリソベリルの後を行けば良し、何ならロンドンタウンとの間を割れるスペースもしばらくはあったのにわざわざ横移動して外に持ち出したこと。福永騎手にはクリソが垂れてきそうにでも見えたのか、ロンドンが内に差さりそうな気配でもあったのか。謎。
どちらにしても勝ち負けは厳しかったと思うが、ここでのロスがなければ3着は際どかったのではないかと。


馬券の方は、4強のうち不安要素は一番少なかろうと本命にしていた馬が4着になってしまったものの、他の3強がすべて実力を発揮してしまう展開は当然想定していたため、何とか抑えの3複を拾う。

オッズなども鑑みつつ、本命対抗が含まれてる買い目を厚くしたのだが、ボックスのマークシート使って均等買いにしとけば良かったなぁと思ったり。まあそれは結果論か。単勝1〜3人気で決まって1,900円もついたのだから良しとしておこう。
ただ、薄々感じてはいたがこのレースは無理に穴馬を探すようなレースではなかった。まず無いだろうと思いつつ500円ではあるが穴絡みに割いてしまったことはもし☆付けた馬を買わずにいて来ちゃったら……という恐れから。反省。

まあここは本命飛びつつも僅かながらマネーが増えたことを僥倖ととらえることにしよう。
年末戦線に向けての景気付けになれば良いのだが。