にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 チャレンジカップ・ステイヤーズステークス 感想戦

先の土曜日の二重賞は、少なくとも本命馬には結構自信があり、こんなん落ちてるカネ拾うようなもんだなと臨んでいたりしたわけで。

www.bakenbaka.com

◆チャレンジカップ

◎②ギベオン
◯⑤ブラックスピネル
▲⑦トリオンフ
△⑨ステイフーリッシュ
△④ロードマイウェイ

【買い目】
3連複 ②ー④⑤⑦⑨

【着順】
④ロードマイウェイ △
⑦トリオンフ ▲
①ブレステイキング
⑧ハッピーグリン
⑫ゴーフォザサミット

スミヨン操るブラックスピネルは、陣営はいつもの競馬を示唆していたにも関わらずなぜか逃げず、ノーチャンスの競馬に。
デットーリ操るギベオンは中団をまわってきて、直線ではレベルが低いと言う人もいる日本の騎手でもなかなかお目にかかれないレベルのどん詰まりで為す術なく終戦。
もちろんこの二人をヘタクソだなどと言うつもりはないが、多数で動物を走らせる競技において、鞍上が世界的名手だから信頼をおけるなんてことはありませんというお話。

1番人気が同じ勝負服にブロックされているのを尻目に悠々と駆け上がったルメール操るロードマイウェイが逃げたトリオンフを差し切って勝利。
春までに1勝しかできずクラシックに乗れなかった馬が半年で5連勝して重賞ウィナー、しかも若駒Sで1秒以上差をつけられた同期のエリートに先立ってのジャスタウェイ産駒初重賞勝利とか。胸熱。

きっとギベオンがスムーズに出せてれば馬券は当たってたに違いないと、目から血を流す。

 



◆ステイヤーズステークス

◎②ヴァントシルム
◯⑦レイホーロマンス
△⑧チェスナットコート
☆⑨ベイビーステップ

【買い目】
馬連 ②ー⑦⑧⑨
ワイド ②⑦⑧
3連複 ②⑦⑧⑨

【着順】
⑫モンドインテロ
⑪アルバート
④エイシンクリック
⑥メイショウテンゲン
③サンシロウ

レイホーロマンス横山典に普通にやってくれよぉとボヤき、ヴァントシルム田辺に何かやってくれよぉとボヤきましたとさ。

このレースで実績を残してきた馬たちは往時より力を落としているという見立てはおそらく間違っていなかったと思う。
実際、2年前のアルバートがタイムスリップしてここに出てきていれば、ぶっちぎりの勝利だったのではなかろうか。(時計的な判断ではなく)

問題は、衰えた、もしくは衰えつつある実績馬に取って代わる若手がなかなか出てこないということで。こんなんこの路線ぐらいではなかろうか。
などと斜めに見つつも、長らく牽引してきた7歳馬と8歳馬で決められては、馬券が外れたことを悔しがるよりまあ拍手かなと。


というわけで、それなりに良いディナーを食べられるぐらいのおカネを落としてしまった土曜日。後にして思えば何を己は自信を持ったりしちゃってたのか。
翌日回収はできたものの、増長はしたらあかんなと。