にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

土曜はヤボ用で出かけており、出先であの難解だった中日新聞杯で3連複5頭ボックス1、3、4着と知り血の涙。
マーフィー邪魔くせえ国に帰れアホンダラと人前で罵声を浴びせてしまったのも無理からぬことであろう。

さて日曜はGⅠが待っている。
が、暮れに3つある2歳GⅠは頂点を争うというより、途中経過という感があることは否めない。
また、検討した結果がガチガチの馬券になってしまうようであれば、なかなか食指も動きにくいところではあって。

◆阪神ジュベナイルフィリーズ

◎⑩クラヴァシュドール
◯⑮リアアメリア
▲⑥クリスティ
△③ウーマンズハート

 


なにぶんまだデビューから半年以内で、そのほとんどが出走回数も少ない2歳馬たち。いきなり大化けして爆走する穴馬がいないとは言い切れない。
が、これまでのレースを見るにここでは人気上位が抜けているとしか思えない。

衝撃の新馬戦、そしてアルテミスSも一頭だけ違う伸び方を見せたリアアメリアを本命としていないのは、何も逆らいたがりの天邪鬼というわけではない。むしろ現時点での問答無用の強さと、今後どうなるのかというポテンシャルに惚れ込んでいる一人でもある。
が、おそらく今回も後方からの競馬になること、この多頭数ではまず外を回すであろうことを考えると、同等かそれに近い馬が前にいたら交わしきれないこともあるのではないかと。

そんな馬がいるとしたらクラヴァシュドールがその筆頭候補。前走サウジRCで敗れたサリオスの真価はまだわからぬものの、彼との着差は僅かで3着以下を大きく引き離しているあたり、牝馬ではトップの可能性もあるかと。

より好位からの競馬に期待したいクリスティ、32秒台の上がりしか使ったことのないウーマンズハートを相手に抑え、ほどほどに買っとくレースだろうか。


今のところカペラSと香港は見の予定だが、日本人女性騎手初のJRA重賞制覇、海外での日本馬大活躍なんてのを見れるかもしれないとなると、多少の見物料は払っておくべきだろうか。

なんにしても楽しもう。