にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 ターコイズステークス 感想戦

日曜出勤で土曜は休日だった先週。
有馬記念デーは現地参戦したとて競馬場そのものを楽しめるような環境になるはずもなく、また週末は天気も怪しげ。もしかしたら暮れの中山競馬場を満喫できる唯一の機会かもしれないと、旅打ちとGⅠデー以外ではものすごく久しぶりに競馬場へとゆくことに。

やはり良い。ここは何度来ても良い。


見晴らしの素晴らしさ、馬たちの躍動が与えてくれる活力とは裏腹に、競馬場に巣食う悪魔は容赦なく出たばかりの雀の涙のボーナスを財布からむしり取っていく。

思わずうつむき加減にもなろうというものだが、いや今日ここに来たのはビジネス活動のためだけではない、贔屓にしている若いお嬢さんと妙齢のお姉さまの応援のためじゃいと気を取り直して顔を上げる。

贔屓の若い方、ビッククインバイオは抜群のスタートから控えるというそりゃないぜと鞍上を呪詛したくなる消化不良な騎乗で望んだ結果は残せず。
ますます肩を落としてしまうが、いやいやメイン良ければすべて良しじゃいと、何とか克己してパドックへ。

フロンテアクイーン。これまで度々濃いめの印をつけ、それに応える好結果も出してくれたが、何故かあまり馬券は取れていない気まぐれ女である。こちらが馬券下手なだけという説もあるらしい。
同い年のクロコスミアもそうだが、こういう善戦マン・善戦ウーマンに人は弱い。ついつい応援したくなってしまおうというもの。
もちろんそれなりに勝機もアリと見ての本命指定。そのあたりは予想記事をご参照。まあ見立ては外れたんだけど。

www.bakenbaka.com


返し馬の勇姿に拍手を贈り、馬券を握りしめての現地観戦。週末に味わえる夢の時間。

◆ターコイズステークス

◎⑥フロンテアクイーン
◯⑦シゲルピンクダイヤ
▲⑧エスポワール
△⑤デンコウアンジュ
△⑯トロワゼトワル
☆⑨リバティハイツ

【買い目】
馬連 ⑥⑦⑧
3連複 ⑥ー⑤⑦⑧⑨⑯

 


【着順】
⑬コントラチェック
⑧エスポワール ▲
⑦シゲルピンクダイヤ ◯
⑭フィリアプーラ
①メイショウグロッケ

ハナを争うと思われたトロワゼトワルが出足鈍く、コントラチェックがペースはともかく競り合いがないという意味では楽逃げの形になる。
で、この馬はこの形になると滅法強いらしい。前半ついてきてた他の馬は皆垂れていく中、後続に影も踏ませず鮮やかな逃げ切り勝ちを決める。
勝ったレースといい、輝きを放ったのが3歳の本番前までだったところといい、ファンディーナを彷彿とさせる馬だったが、こちらは見事に復活を遂げた。まあ違う条件だったり、同型や積極的にとらえにいく馬がいるときに人気するようなら危険かとは思うが。

ペースが緩んだ4コーナーで前まで進出してきた青枠の3歳馬2頭がそのまま2着3着。
4着には最後方から突っ込んできたこれまた3歳馬のフィリアプーラが入り、こりゃ牝馬のトップはともかく第二集団は世代交代かと、ワクワクするような少し寂しいような感。

そして本命のフロンテアクイーンは通過が9-8-9で着順も9着という見せ場なしの結果に終わる。
応援した馬が負け、馬券が外れ、それどころかボウズに終わり、肩を落として帰路についていると、フロンテアクイーン引退の報が流れてくる。こちらはスマホの画面を眺め、思わず立ち尽くすばかり。


実はガセ情報で3月の中山でも姿を見せてくれたりしないかな……とかほのかに期待していたのだが、後日公式に発表が出てしまった。そういえば返し馬でやたら長くホームストレッチを走っていたのはファンへの惜別だったのかなとか思ったり。
まあ、最後に姿を見ることができて良かったのかなと。

馬券が当たらないなんてどうということはない。
自分の競馬人生最大の後悔は、現地に行く予定を覆してモニター越しに見たレースが、永遠の愛馬の予期せぬラストランになってしまったこと。

会えるうちに会っておいた方が良いってのは人でも馬でも変わらないってことを久々に思い出した中山参戦になりました。