にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 ホープフルステークス 感想戦

2019年JRA最終決戦ーーー
ということで肩いからせて前のめりで臨まれた諸兄もいらっしゃったとは思うが、めっきり疲れやすくなった中年男としては有馬記念でだいぶ燃えつきた感もあり、先の土曜日はグリチャ流しながらも家事をしたり横になってまどろんだりと、締めくくりの日を静かにのんびりと過ごす。

とはいえ馬券が外れても構わないわけではない。
ここはしっかり決めて、出走してきた若駒たちと同じようにこのレースを来年への弾みにしたいと、15時半のファンファーレの時間にはさすがにしゃんとしてテレビの前に正座。

www.bakenbaka.com

◆ホープフルステークス

◎⑪オーソリティ
◯②コントレイル
▲⑦ワーケア
☆①ブラックホール

【買い目】
3連複 ①②⑦⑪
馬連 ②ー⑪

 


【着順】
②コントレイル ◯
⑤ヴェルトライゼンデ
⑦ワーケア ▲
⑬ラインベック
⑪オーソリティ ◎

鞍上の福永騎手いわく「つかまってるだけ」の騎乗でコントレイル完勝。
その問答無用の強さにより、競馬ファンは春への期待を膨らませ、先週のアーモンドアイ敗戦を受けて競馬は1番人気から買っちゃダメだなという思考に落ちた者の多くは容赦なくお金をむしりとられたことだろう。

当方、いずれにしても勝ち馬をマークして、前に付けられた以上の差を後ろに付けたヴェルトライゼンデを軽視していたために中央GⅠ有終の美を飾ることはできなかったのだが、ひとつ気付きを得ることができた。
どうやら自分はメイン4場の戦績のうち京都での勝利や好走を低く見積もるクセがあるんじゃないかと。特に中山や阪神などの直線坂有りのコースに初めて挑戦する場合は過剰にマイナス視しているような気がする。
まあ実際に強いと思われる馬が複数いる場合にはどこかしら減点要素を探さねば絞れないわけで、やむを得ないところはあるにしても、嫌いすぎてはいないか意識していきたいと思う。

他方、本命にしたオーソリティは最初の直線で接触があったうえに、終始外外をまわされたことがこたえたにしても、もう少し頑張ってせめてラインベックは交わしてもらいたかったところ。
次走は東京開催に出てくるか、中山でのトライアルか。人気落とすようならもう一度狙ってみたい一頭。


この日はホープフルしか買う予定ではなかったが、見事に負けたこともあり、阪神最終、つまり令和元年の最終レースを泣きの一回で買ってみるかなと思い立ち、パッと出走表みておっ良い穴馬いるじゃんと買ってみる。

久しぶりの万馬券ゲットで2019年の中央開催を締めくくることに成功。
マグレ以外の何物でもないのだが、まあ終わりよければすべてよしということで。

と言いつつ、翌日の東京大賞典はゴールドドリームからいって激しく外れたのだが……



さて、GⅠシーズンが終わり、2019年の開催が終わり、一抹の寂寥感とともに、ほのかに匂い立ちはじめたのは春のクラシックの香り。

今日2歳王者になった馬、既に実績を得ている馬、これから台頭してくる馬、それぞれの道を歩んだ優駿たちが大舞台で相見えるその日を楽しみに待ちたい。

馬券もいいかげん上手にならんかなー。