にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 シンザン記念・フェアリーステークス 感想戦

重賞が3歳戦のみの今週は見。
無論、馬券買わないんでレースも流し見とかではなく、東西ともに春の大舞台にもはや直接的に関わる一戦ゆえ、しっかりと刮目しての見ではあるつもり。

◆シンザン記念

【着順】
①サンクテュエール
⑥プリンスリターン
③コルテジア
⑤オーマイダーリン
②ヴァルナ

出遅れはしたものの、どこかの内田博幸みたいに無理やり押すこともなく前へ出し、コースを塞がれることもなく、最内を活かした競馬ができたサンクテュエールが、粘るプリンスリターンを最後にきっちり捉えての勝利。
あと少しで初重賞勝利だったという原田騎手には残念な結果だが、こういう仕事をきっちりこなすから多くの有力馬がルメールに集まってくるんだなと納得させられるレースだった。

一方、いくらぶっちぎりに見える強さだったとはいえ一戦一勝、しかも今の京都とは真逆の馬場だった東京での勝ち上がりで単勝1倍台はいかにも危険なのではと思われたルーツドールは、好位につけたレース運び自体は悪くなかったものの、穴党なら大喜びしそうな失速ぶりを見せてしまう。
アレは外をまわったからとか、騎乗がどうとかいう負け方ではないように思える。次の舞台でやはり大物であるところを見せられるかどうか。

大本命が着外に飛び、阪神JFで案外の結果だったリアアメリアに子供扱いされた牝馬が勝利し、朝日杯5着だった馬が2着で、3着以下はだいぶ離されるという、なかなか混沌とした結果。
そんなことから、あまりレースレベルは高くなかったのではという見解も見かけはするものの、いかんせん伝説級の名馬を冠したレースだけに油断はならない。

過去には6着馬が古馬になってから3200mのGⅠを勝ち、8着馬が1200mのGⅠを勝ったなんて年もあったわけで、後に大成する馬が出てくるかもしれない。
そんな目線で考えると、オーマイダーリンとかタガノビューティーあたりはいかにも要チェックだなあとか思いつつ。

 


成人の日は若きお嬢さん方の戦い。
こちらはあまりクラシックに直結するイメージがない。ここ使って桜花賞で勝ち負けする馬が出てきても良さそうなものなのだが。

◆フェアリーステークス

【着順】
①スマイルカナ
⑧チェーンオブラブ
⑤ポレンティア
⑩シャインガーネット
③ソーユーフォリア

普通にやれば内枠大有利の中山マイルで1枠の逃げ馬にテンで早々に2〜3馬身差をつけられてしまっては、後続にやれることは少ない。
とはいえ、決して楽なペースでない中、そのまま悠々と逃げ切ったスマイルカナはこの形だとめちゃくちゃ強い疑惑もあると見た。ここの結果を軽く見られて次戦さほど人気しないようなら面白い。

後方から大外まわしたチェーンオブラブが2着、中団から馬場の中ほどを抜けてきたポレンティアが3着。
今の中山も京都と同様に持久力・パワーを要する馬場となっており、とにかく先行しとけばいいとか、キレ味あれば勝ち負けとかいう状態ではないらしい。

今回の1・2着馬を赤松賞では下していたシャインガーネットや一番人気も案外だったアヌラーダプラ、シンザン記念でのルーツドール、阪神JFでのリアアメリア、更には有馬記念でのアーモンドアイと、秋の東京で強い勝ち方してきた馬の多くがこの年末年始に敗れさっていることは決して偶然ではないのでは。
もちろん一方にはコントレイルみたいな存在もいることを忘れてはならないが。


さて、今週3日開催を見としたことで幾ばくか充電はできただろうか。
気がついたら年が明けて最初の月ももう半ば。本年の初的中が2月まで持ち越しなんてことにならぬよう、来週は気張っていきたい。