にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 セントライト記念 予想

三日開催の土日は1レースずつ参戦。
土曜日は新設のケフェウスSでトリコロールブルーの相手を間違え痛恨のハズレ。日曜日のローズSは買い目の馬が上位に全然おらずハズレ。どうにも冴えない。

思えば先週4点買い全獲りという神業を披露できたのは中山。ろくなターフビジョンも無いローカル場ごとき(暴言)ではなく、メイン場こそ我が腕が冴え渡る舞台よと、逆転を賭して三日開催最終日のトライアルに臨む。

◆セントライト記念

◎⑦ガロアクリーク
◯⑧リスペクト
▲⑥バビット
△②ラインハイト


◎⑦ガロアクリーク
皐月賞は堂々3着、ダービーは3着とほぼ差のない競馬をしており、コントレイルとサリオスを除けば春に最も結果を出した馬といえる。今回と同舞台の条件戦で4着に敗れているのは気になるが、あの時もそこまで悪い競馬をしているわけではない。
最終的にはわからないが、前日時点で1番人気はサトノフラッグ。ならば皐月ダービーともに上回っていたこちらを買うのが順当でしょうと。


◯⑧リスペクト
エピファネイア産駒は成長力に特徴があるらしい(今日テレビで言ってた)。この馬も2歳時の戦績を度外視すれば以降は全て連対。負けたレースでもエヴァーガーデン(ガロアクリークやダーリントンホールに先着したこと有)を捕まえきれずの半馬身差負けなど、決して弱い内容ではないことが多い。
当舞台の経験もあり、重馬場の2600を勝ちきるスタミナがあるこの馬にルメールが乗り人気はイマイチ。こういうのは買っておかなければならない。

 


あとはラジオNIKKEI賞で逃げて強い勝利を収めたバビットと、ここ2戦先行して上がり最速を出しているラインハイトは展開利も見込め、ぜひ抑えておきたい。連勝してここに臨んでいる2頭でもある。

逆に今の中山でおそらく速いペースにはならないであろうレースではサトノフラッグは展開的に厳しいものがありそう。そもそもGⅠとはいえ2戦大差負け喫しての休み明けの馬が一番人気であれば、それは切るべき存在。
中京で有力馬が何頭かいるとはいえ武豊が乗りに来ようとはせず、ルメールも選ぼうと思えば選べた筈なのにリスペクトに乗っていることからも怪しいのかなと。


買うレースこそ少なくとも、三日間にわたる戦いのファイナル。
終わりよければすべてよしで締めたいところ。