にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 富士ステークス 感想戦

好天過ぎるほどのピーカンに恵まれた先の土曜日。
ギラギラ照りつける太陽に焼かれながら、我がホームにて楽しく過ごすことができた。

f:id:bakenbaka:20211028232417j:plain

メインの前の豆券遊びの方はまずまずの按配。少々のプラスをメインレースに注ぎ込むような形に。

◆富士ステークス

◎②ザダル
◯①ソングライン
▲⑯ダノンザキッド

【買い目】
馬連 ①②⑯
ワイド ②ー①⑯

一方の人気馬であるダノンザキッドが、パドックを見た限り入れ込みを何とか抑えてる感じで、皐月賞の時ほどじゃないけど危なっかしいな大丈夫かなと思われたところ、返し馬ではかなりヘロヘロに見えた。
こりゃあかんかもなと、切りまではしなかったものの、資金の投入配分をだいぶ変更しての勝負。

 


【着順】
①ソングライン ◯
⑰サトノウィザード
⑦タイムトゥヘヴン
⑯ダノンザキッド ▲
⑨ダーリントンホール

立ち上がるような仕草をしてしまい出負け気味だったソングラインだが、すぐにリカバーして中団へ。
ペースは平均程度で流れるが、真ん中より前の馬たちは直線で軒並み脚色が鈍る中、ソングラインだけはキレる感じでこそなかったものの、長く良い脚を使い、最後方から飛んできたサトノウィザードの猛追を退け勝利。
着差以上に強い競馬をしており、キズナ産駒のGⅠ一番星はこの馬になるかも……と思わせるほどだったが、今回に限らずゲートはあまり良くないので、マイルを主戦場とするのなら早急に改善したいところか。

危惧されたダノンザキッドは、真価発揮とまではいかないものの、そこそこ好走してそこそこの順位という、今後に向けてかなりややこしいパフォーマンスを見せてしまう。
前走大敗から長期休み明けと考えたら次に向けて上々ともとれるし、マークしていたソングラインに置いていかれ、展開の有利不利はあったとはいえタイムトゥヘヴンにまで交わされてしまったのは、やはり問題を抱えているともとれる。
次は川田でマイルCSらしいが、彼がダノンキングリーでもグレナディアガーズでもなく、この馬に乗るというのも、非常に気になる要素。本番に向けて考えるべきことは多い。

ちなみに本命のザダルは窮屈な競馬になった上に、直線でも馬場の良くない内側に進路をとらされるという、内枠のマイナス点ばかり目立つ内容で伸びもそこそこに7着。
最高に上手く乗れば3着あったかもしれないが、まあ相手ある競技で第一人者でもない人にそれを求める方が間違っているだろう。仕方ない。


というわけでこの日の収支はキレイにトントン。

f:id:bakenbaka:20211028232511j:plain

一日楽しく遊んで交通費のみで済んだ、悪くない休日でしたとさ。