にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 共同通信杯・京都記念 予想

土曜日は東京・京都のメインだけ買って、京都は当たるも東京のクイーンCはハズレ。なおも重賞連敗は継続中。
日曜の2重賞はいずれも競輪ばりの少頭数ということで、正直あまり食指は動かないのだが、今は旨味を追求するよりとにかく当てにいかねばならないだろうか。

◆共同通信杯

◎⑧マイラプソディ
◯③ココロノトウダイ

もう2ヶ月後にはクラシックの幕が開くということで、頂点を目指す候補もかなり絞られてきてはいる若駒たち。
その中でもキーファーズ&武豊の馬が三強の一角と目されているとなると、これはもう盛り上がりの面でもここで躓いてもらっては困るというもの。
前走影も踏ませなかったミヤマザクラがクイーンCで勝利を収めたことから担保もバッチリ。
気掛かりなのは陣営的にここは関東輸送と府中を慣らす意味合いが強く、何が何でも勝ちにいく舞台ではないところ。近年友道厩舎でクラシックやマイルカップを制したワグネリアン・アドマイヤマーズ・ワールドプレミアらが、いずれもトライアルや前哨戦は落としているのは見過ごせない。
が、いずれも2〜3着には入っており、頭はともかく馬券内は固いと見て良いかと。

少頭数なので相手は1頭、ココロノトウダイ。
過去3戦ローカルと、いつもの自分なら嫌うパターンではあるが、早めに前に行った前走含めていずれも上がり最速なのは強調材料。
エヴァーガーデンを物差しにしたらダーリントンホールよりも期待できる筈だが人気は下回っている。ここは単純に買いで良いかと。

だがしかし、前日夜時点で③ー⑧ワイドが2倍台、馬連でも7倍台……(おそらくもっと下がると思う)
突っ込むほど自信があるわけでなし、どうしたもんかなと。

 



◆京都記念

◎①カレンブーケドール
◯⑨ノーブルマーズ

昨年オークス2・3着、秋華賞1・2着の牝馬2頭が人気しているが、先週と比べてまた重くて時計が掛かるようになってきた京都の馬場でも力が発揮できそうなのはカレンブーケドールの方かなと。
力的には互角でも、重賞2つ獲ってるクロノに対し、カレンは重賞未勝利。ここでの本気度も高いのでは。斤量が1㎏軽いのも見逃せない。

こちらも相手は絞らねばならないが、後ろからの馬もキレる脚を使えるわけでない今の馬場状態を考えると、先行・好位から粘り込めそうなノーブルマーズが面白い存在。
前走・前々走もそこまで大きく負けてはおらず、このメンバーなら久々の馬券内も望めるのでは。外枠ではあるがシュタルケ騎手の積極騎乗に期待したい。


こんなところだが、買い方など非常に悩ましい。
少頭数だから当てやすいかと言われれば全くそんなことないのよね。