にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 フェブラリーステークス・小倉大賞典 予想

2月22日の土曜日、2並びの良き日に京都牝馬Sにて待望の令和二年重賞初的中。いよいよ上向きになってきた感。
まあ、ハナ差4着だったアマルフィコーストが3着なら馬連だけでなく3連複やらワイドやらも取れて、今年の収支が一気にプラスになっていたんだけど……
しばらくは差せなかった幸と、邪魔くさかった大野に呪詛の言葉をかけ続けていたんだけど……

まあいつまでもそんなことしてたら、大事な日曜日の決戦で勝てるものも勝てなくなってしまう。
ここは当てた喜びも大魚を逸した憤懣も忘れ、明日へと目を向けよう。

◆フェブラリーステークス

◎⑤インティ
◯②アルクトス
▲⑨サンライズノヴァ
△⑦ヴェンジェンス
△⑩ノンコノユメ
△⑫モズアスコット
☆⑮ケイティブレイブ

詳しい検討はnoteの方でやっているので、こちらでは簡潔に。
東スポなぞではハイペースと予想されているが、先行馬はできればインティの後ろで落ち着きたいはずで、ペースはさほど流れずダート1600としてはミドルペースぐらい、フェブラリーSとしてはゆるめのペースになると見ている。

となると、クリソベリルもゴールドドリームもチュウワウィザードも不在のメンバーではインティを捉えきるのは難しく、仮に好位・中団あたりから凄い脚を使うのがいたとしても、まず馬券外に飛ぶことは考えにくい。軸には最適かと。

相手筆頭はアルクトス。休み明けも近走充実、前につける脚質も有利に働きそう、府中巧者でとりわけ1600は負け知らずと、つい飛びつきたくなる買い要素が満載。
万一ペースが速くなっても、それに合わせた位置どりができる馬で、少しでも配当妙味を追求したいならインティでなくこちらを軸にする手もアリかもしれない。

本命対抗含め、おおむね人気どころをそのまま高く見積もってはいるが、モズアスコットについては若干懐疑的な目で見ている。
芝のマイル王ではあるが、この馬のベストは1400と見ており、その得意距離で展開も向いてコパノキッキングに勝ってきただけの馬とも言えるわけで、この舞台でどれほどのことができるかは未知数。
未知数であることは、人気薄なら魅力、人気しているときは嫌う要素となるわけで。今回がどちらかは言わずもがな。まあ切る度胸まではないのだが。

大穴候補がケイティブレイブ。
過去2走が悲しくなるような負けっぷりだったが、前述のとおり今回は脚質が先行馬に向く可能性が高く、このGⅠ級3勝を含む重賞10勝馬が最低人気とあらば抑える価値はあるかと。

こんなところで。
インティ軸で相手も人気どころとなると、あまり配当付かないので、買い方を考え中。
単勝+3複と考えていたが、両獲りしないことにはほとんどお金が増えないことになってしまう。どうしたもんか。

 



◆小倉大賞典

◎③テリトーリアル
◯⑥ヴェロックス
△④レイホーロマンス
☆⑦ナイトオブナイツ

小倉の芝状態は相当に重く、とりわけ内がかなり悪いのか狭いコーナーで多くの馬がこぞって外に出すという光景が見られ、なかなかにカオス。
となると絶対的に能力上位と思われるヴェロックスが力を発揮できず、不覚をとることもあるかも。

とはいえ、じゃあどの馬にチャンスがあるかと言われると難しい。ロスなく伸びるところに出せればどの馬にもチャンスがあるように思え、鞍上のエスコートに依る部分が大きいのだが、かといって全幅の信頼を置ける騎手名も見当たらない。

シンプルに、前走重賞で馬券になっているテリトーリアルとレイホーロマンス、2000より1800の方が向いてそうなナイトオブナイツあたりで勝負してみたい。


さて、当たる気がしなかった土曜は一応的中、当てる気満々の日曜は果たしてどうなるか。


フェブラリーSの全頭所見など詳しい検討内容はこちら
note.com