にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 チューリップ賞・オーシャンステークス 予想

以前チラッと書いたが、現在創作にコツコツ取り組んでいたりする。
進行は遅々としており、形になるかどうかもわからぬが、何もせぬままこの世から消え去る日を待っていてもしゃあないなと。

てなわけで、折角馬券の調子も上向いてきたところではあるが、おそらくGⅠシーズン本格到来までは競馬に割く時間は控えめになると思われる。
だが週末ぐらいは競馬を楽しみたい。出走登録を確認したのが金曜になってからというインスタント予想ではあるが、自分なりに真剣にはやっている。
短い時間で検討をまとめることも馬券師には重要な資質。この機会に鍛えられれば。

◆チューリップ賞

◎⑬マルターズディオサ
◯④レシステンシア
▲⑩スマイルカナ
△①クラヴァシュドール
△⑤チェーンオブラブ

ここ数年の傾向どおり、同舞台のGⅠである阪神JF組が強そう、何なら1〜3着まで同じ顔ぶれになることも大いにありそう。

逃げ・先行馬が多いが、レシステンシアあたりは今回控える競馬を試したいんじゃないかと踏んでおり、案外ペースは落ち着くんじゃなかろうかと。
マルターズディオサが好位にとりつくことができれば勝機アリ。勝ち馬の強さに霞みがちだが、阪神JFで後方から迫ってきたクラヴァシュドールに並ばれるも抜かせなかった粘り強さはなかなかのものに見えた。
外枠やら田辺やらで人気落とすなら、是非買いたい存在。

相手は他の阪神JF組と、フェアリーSのワンツーで。重賞勝ち・好走馬はナメてはいけない。

 



◆オーシャンステークス

◎⑩ナックビーナス
△⑥キングハート
☆④ティーハーフ

普通に考えたら一枠の2頭に逆らえないのだが、タワーオブロンドンはかつてなくしまいが遅い追い切り、ダノンスマッシュは初めての海外帰り、更には内枠で閉じ込められることもあるのではと、不安は少なくない。

ここはこのレース3年連続2着、中山巧者のナックビーナスを本命としたい。
斤量も久々に軽い54㎏で、時に魔法のような逃げを見せる横山典さんとのコンビ再結成。
皆の注意が一枠の2頭に向いている中、スルスルと……というのはいかにもありそう。

中穴は二年前の勝ち馬、キングハート。
大穴はティーハーフ。10歳馬、京都でしか好走しない、最後方からの展開待ちと、期待が薄いのは否めないが、ナックビーナスだけ残して先行勢全滅パターンもいかにもありそうで、伏兵の追い込み馬が突っ込んでくるチャンスもゼロではないかと。

一枠2頭が両方来ないと考えるのも無理があるので、ワイドで買うか、ナックの単勝にするか。土曜は休みなので無料グリチャで馬場とか見ながら考えよう。