にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 弥生賞ディープインパクト記念 予想

伝統ある棋戦に不動産屋やら餃子屋やらの名が冠されたとき、スポンサーとしてついてくれるのだから有難いことと思う一方で、やはり幾ばくかの何だかな感は否めなかった。
ましてそういった事情も特になく、馬主協会の方も全員反対、ファンも誰一人望んでいなかったであろうレース名称の改悪は、これはもう激しく何だかなぁと。

まあディープインパクト記念だろうとアルマゲドン記念であろうと、皐月賞のおよそ一月前に同条件で施行される重要トライアルであることには変わりないわけで。

◆弥生賞ディープインパクト記念

◎⑩オーソリティ
◯⑧ワーケア
☆④オーロアドーネ

 


土曜の牝馬トライアルが暮れのGⅠ上位馬がそのまま来たからというわけではないが、ここでもホープフルS掲示板組の2頭で決まるんじゃなかろうかと。

オーソリティはホープフルでも本命にしており、残念な結果だったのだが、出遅れ気味、いきなり他馬と接触、外外をまわるという悪条件が重なった中、あのタフな馬場で早仕掛けをしてしまい、前を捕らえられず後ろのワーケアには差されるという競馬だった。
感想戦でも書いたようにせめてラインベックは交わしてほしかったところではあるが、まあアレは一旦ノーカンでもいいんじゃないかなと。
鞍上は若き短期免許外国人のヒューイットソン騎手へと乗り替わり。吉田勝己氏が契約馬主とのことで、ノーザンファーム産を中心に結構な馬が集まっている。ここで重賞勝ち負けするような騎乗馬をプレゼントされたのではと見るのは少しばかり妄想が過ぎるだろうか。

オーソリティ本命でいくのなら、前走上回っているワーケアを軽視できる余地はない。
賞金加算やら、ここで強い競馬すれば本番もルメールになる可能性が高まるといったところで、思いのほか陣営にとって重要な一戦かもしれないなどとも思ったり。

その2頭を差し置いて前日一番人気のサトノフラッグだが、唯一のディープインパクト産駒に武豊騎手騎乗ということでの過剰人気というのもあるんじゃなかろうかと。
確かに前走先行して上がり最速の豪脚は目を瞠るものがあったが、今回はさすがに相手が違う。またゲートに不安もあり最内枠がアダになることも有り得る。重馬場の新馬戦でイマイチだったのも気がかり。
総じて危険な人気馬ということで、今回は切ろうかなと。走っちゃったらしゃあないと。

むしろ期待をかけるなら新馬戦勝ちからの参戦のオーロアドーネの方か。距離もまわる方向も違うので、この条件がどうかはわからぬが、相手関係を見渡すに相対的に期待はかけて良い一頭。


そういやこのレースは報知新聞の社杯でもあるのよね。

オレの報知杯が弥生賞でディープインパクト記念なうえに皐月賞トライアルな件

こうすればちょっとラノベっぽいだろうか。