にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 チューリップ賞・オーシャンステークス・弥生賞ディープインパクト記念 感想戦

先週の重賞を振り返ると、まーどのレースもお固いことで。
無観客だと馬の精神への悪影響がなく、どの馬も順当にパフォーマンスを発揮できる、なんて説も囁かれているようだが、果たして。

www.bakenbaka.com

◆チューリップ賞

◎⑬マルターズディオサ
◯④レシステンシア
▲⑩スマイルカナ
△①クラヴァシュドール
△⑤チェーンオブラブ

【買い目】
3連複 ⑬ー①④⑤⑩
馬連 ④ー⑬

【着順】
⑬マルターズディオサ ◎
①クラヴァシュドール △
④レシステンシア ◯
⑨イズジョーノキセキ
③スマートリアン

阪神JFではハイペースで逃げたレシステンシアが今度はゆったりめの逃げ。んで上がり33秒台が出るようなレースでは分が悪いことが露呈。
本番に向けて、陣営にとっても我々馬券買いにとっても意義深いトライアルだったのでは。

好スタートから一旦控えかけてすぐまた好位に進出したマルターズディオサが勝利。騎乗はともかく馬は強かった。
またしてもディオサとハナ差だったクラヴァシュドールともども、ハイペースの阪神JFと今回と両方で好結果を出してるわけで、本番も一定の期待は持てそうか。

 



◆オーシャンステークス

◎⑩ナックビーナス
△⑥キングハート
☆④ティーハーフ

【買い目】
ワイド ④⑥⑩

【着順】
②ダノンスマッシュ
⑩ナックビーナス ◎
①タワーオブロンドン
⑤グランドボヌール
⑥キングハート △

ハイペースではあったが、前が極端に苦しいでもなく、地力と出来がモノをいう結果に。キングハートには一瞬オッと思わされたのだが……
変に穴を狙わず、素直に本命のナックビーナスから二強にながして小利を確実にゲットすべきだったレースだった模様。というかロンドンとダノンでは斤量やら出来やらでダノンの方を重視していたので一点で当てることもできたよなぁと。まあ言っても詮無いことだが。

本番では今回の2・3着がどうしても中心になるとは思うが、ドバイが無事開催されれば鞍上大シャッフルが起きるということで、昨年同様荒れる可能性もあるかもと思ったり。


www.bakenbaka.com

◆弥生賞ディープインパクト記念

◎⑩オーソリティ
◯⑧ワーケア
☆④オーロアドーネ

【買い目】
馬連 ⑩ー④⑧
ワイド ④ー⑩

【着順】
①サトノフラッグ
⑧ワーケア ◯
⑩オーソリティ ◎
⑤ブラックホール
④オーロアドーネ ☆

いくら500万下で目を瞠る勝ち方をしたとはいえ、暮れのGⅠを経た馬たちと同等の人気はさすがに過剰、これはルーツドールとかアヌラーダプラのようなパターンではと思っていたが、当方がふし穴だったと素直に頭を下げねばならない。

後方からコーナー外側を苦もなく上がってきて、直線では抜群の脚。新たにレース名になった偉大な父親の姿を彷彿させるファンが多くいるのも頷けるパフォーマンスで快勝。
ワーケアもオーソリティも出来るだけの好走はした感じだったが、あんなんがいたらどうしようもないというのが本音だろう。

コントレイルとサリオスの二強感が漂いつつあったところに一気に割って入る存在が出てきてクラシックへの期待がますます高まってきた。
まだ底を見せていないという点ではクリスタルブラックみたいなのもいるし、マイラプソディもあの敗戦一つで見切るわけにもいかない。(豊はどっちに乗るのか……)

春はもうすぐそこ。
一刻も早く、今の問題が終息して世の中が正常化してくれることを願いつつ、最も豊潤な季節を待ちたい。


なお馬券的にはチューリップ賞でガチガチの3連複のみゲット。日曜のOP戦とかでも結構やられており、土日トータルではだいぶマイナス。
まあ色々今後の楽しみが増えた週末だったことを慰めにしたい。