にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 中山牝馬ステークス・ファルコンステークス 予想

会社へと出かけたのは金曜日だったのに、帰ってきたのは土曜日という、世にも不思議な経験をしたこの週末。
もちろん飲み歩いての午前様などではなく、ひたすら労。今週はコロナだかコビッドなんちゃらだかブカンネツだかで諸々メチャクチャになってる状況への対応にひたすら忙殺されていた。

心身ともに疲弊しきった状態で競馬とかいう難解極まる思考ゲームに挑戦するなど無謀というもの。今週は見にしとこうかなと半ば思いつつ、一応出走表を眺めてみるとアラ不思議。丹念に検討する時間と気力がなくとも来る馬の名前が光って見えるではないか。
ここは天啓に従い、一稼ぎして心と身体を癒すことにしよう。

◆中山牝馬ステークス

◎⑨エスポワール
◯③フェアリーポルカ
▲②フィリアプーラ
△⑪コントラチェック

ターコイズSの結果から、牝馬のこのレベルでは基本的に世代交代はほぼ成されていると見ている。もちろん展開などで紛れは起こり得るが、ここは素直に4歳馬中心で。

前走逃げて圧勝だったコントラチェックだが、今回は同型のモルフェオルフェの存在が鍵になりそう。少なくともあれほどの楽逃げは望めないのでは。

好位で競馬を進めそうなエスポワールとフェアリーポルカがコーナーの辺で進出し、そのままフィニッシュを決めるのでは。
何か絡めるとしたら、ターコイズSで最後方からとはいえ抜群の末脚を使ったフィリアプーラか、やはりコントラチェックの前残り。

少点数でズバンといく所存。

 



◆ファルコンステークス

◎②ヴェスターヴァルト

逃げ・先行馬が多く、それなりにペースは流れそう。おそらくよほど強い先行馬でないと残しきれないと見る。

となると勝つのは鬼の末脚の持ち主か、そこまでではなくとも内枠をロスなくまわりつつ脚を溜められる馬。
そんなんいるかなと眺めたところ、探すまでもない、1200でビアンフェと互角、1600でサクセッションとそこそこやり合ったヴェスターヴァルトで決まり。
ルメールから菱田への乗り替わりで人気を落とすならなお狙い目。

相手がサッパリわからんが、欲張らず単複でいくか、も少し検討して高配当を目指すか。


ともかく疲れきったので、続きはひと眠りした後、平場のレースでも眺めながらにしよう。