にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 阪神大賞典・スプリングステークス 予想

金〜日という珍しい三日開催も、金土は見。
結果、フラワーカップはじめ各日のメインレース付近は、まず買ってても当てられなかっただろうなという結果ばかりで、コレを吉兆ととるか凶兆ととるか。
満を持して勝負に臨む、日曜のGⅡ二本立て。

◆阪神大賞典

◎⑨キセキ
◯⑩ユーキャンスマイル
☆⑧ドレッドノータス

迷うことなく本命はキセキ。
戦ってきた相手、そして出した結果が段違いというもの。間に凱旋門賞の大敗があって若干目眩しになっているが、王道GⅠ6連続掲示板入りという現役屈指の実績には最大限の敬意を払うべき。
凱旋門後で心配された有馬記念も、出遅れたのは気になるものの、2着のサートゥルナーリアと0.3差の5着はキセキここにありと言わしめる立派な結果。
まず今回のメンバー相手に不覚をとる可能性は少ないかと。

もしこのレースにキセキが出走していなければ、戦ってきた相手が違うという枕詞がそっくり当てはまっていたのがユーキャンスマイル。
この馬もGⅠ4戦して掲示板は一度も外しておらず、古馬になってからの重賞は2戦2勝。長距離も高速馬場も重馬場もこなしてきている。
後方脚質なのがやや気がかりだが、長くコンビを組んでる岩田騎手が、あの名馬に跨っていた二年前のように抜群のタイミングで仕掛けてくれれば、無理に内を付かなくとも充分勝ち負けできるはず。

人気2頭でほぼ決まり。3頭目候補はたくさんいすぎて難しいのだが、ここは展開利を臨めるドレッドノータスを選びたい。
今回キセキは次を見越したレースをする筈で、他に行く馬がいないという場合以外は逃げないんじゃないかと踏んでいる。
となるとメンツ的にドレッドノータスがハナに立てるチャンスはあるわけで、その場合川田は結構ギリギリまでかわいがってくれるような気がする。
まあ都合の良い展開読みと言われればそれまでだが、わずか半年前に京都大賞典勝っている馬が、また展開向くかもしれない舞台でシンガリ人気というのは舐められすぎかと。

 



◆スプリングステークス

◎③ヴェルトライゼンデ
◯⑨サクセッション
▲④ココロノトウダイ
△⑧アオイクレアトール

こっちも本命対抗はどうしても固くなってしまうが、人気馬に逆らいがたい。

もちろんそんな単純な話ではないが、ワーケアやオーソリティを物差しにしたら、ホープフルS2着のヴェルトライゼンデが弥生賞に出ていればサトノフラッグと勝ち負けを争っていたということになり、それよりも相手に恵まれているここではほぼ確勝といっても良いレベル。
思えばホープフルSもその手応えとほとんど鞭を使わなかったことからコントレイルの余裕勝ちに見えるが、着差でいえば十分逆転可能な範囲。ここは強い勝ち方をして、クラシックは3強で決まりじゃないというところを見せてもらいたい。

相手は唯一の3勝馬サクセッション。初輸送で案外だったデイリー杯を度外視すれば、クラシック有力の可能性もある一頭。
過去4戦すべてマイルを使っているが、走りぶりを見る限り200ぐらい伸びても問題なさそう。全兄のクルーガーもマイラーのイメージがあるが1800や2000でもそれなりに実績を残している。お父さんはいわずもがな。
何より、ドバイに前乗りしたルメールが本来はこの馬に乗る予定だったことが、少なくともこの舞台では有力であることの証左ではなかろうか。彼の場合、ヴェルトライゼンデの鞍上に指名されても少しも不思議ではなかったわけで。

人気2頭中心でいくとなると相手はそう多く選べない。
前走出遅れ&スタートはあまり上手くない騎手へのスイッチになるファルコニアよりは、前で競馬するであろうココロノトウダイやアオイクレアトールに期待したい。


書いてみて気付いたが、先行有利を読めなかった先週へのカウンターのような予想になっている感が否めない。
こういうとき競馬というものは往々にして、逆カウンターでギャフンと言わせてくるのだが、果たして。