にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 日経賞 予想

まあ言いたいことは山ほどあるけれども。
自分の生活にとっても結構シリアスな状況になりつつあるけれども。

今はただ、各スポーツ・エンタメが軒並み開催できない状態に陥っている中、現地には行けないものの競馬は開催している僥倖に感謝するとともに、どうかこの最高の娯楽だけは失われないことを強く祈るばかり。

そんなわけでやってくれる以上、諸々の不安は暫し忘れて没頭したい。
GⅠ含めて重賞盛りだくさんの今週、土曜の中山では天皇賞春の前哨戦で、有馬記念と同舞台という伝統の重賞・日経賞。
……の割には、近年はこのレースからGⅠで勝ち負けするような大物が出てないとか言ってはいけない。

◆日経賞

◎⑭ミッキースワロー
◯⑪サンアップルトン
▲⑩モズベッロ
△⑧エタリオウ

 


逃げのヤマカツライデンにスティッフェリオが張り合えばハイペースに、行かないのであればスローになると思うが、前者は言わずもがな、後者だとしても上がりの速い差し・追込馬が台頭してくるのではと踏んでいる。

本命はミッキースワロー。若き日に抱いた期待からすると思いのほか大成しなかった感は否めないが、このメンバーでは抜けた力上位と踏んでいる。
この舞台は大敗した有馬記念以来なので些か心配ではあるが、あのときはトップクラスのメンバー相手に大出遅れかましてその時点で終戦だったので参考外。
大外や、近走ノリさん騎乗時は結果が出ていないことから少しでも人気が落ちればしめたもの。前日時点であるが単勝4倍、人気どころとの馬連でも15倍ほどはついている。これは美味しくいただけそうかと。

本命に匹敵しうるとしたら、伸び盛りの4歳馬で、近走常に上がり最速を叩き出しているサンアップルトンとモズベッロ。
前者はクビ差の勝利でOP入りしたばかり、後者は斤量増に不安があるが、この舞台をクリアして一気に盾取りの有力候補に躍り出ても不思議ではない存在である。

近走不振で、主な勝ち鞍が2歳未勝利戦でキャリアを終えてしまいかねない状況のエタリオウであるが、京都大賞典では絶対届かない場所からではあるが抜群の末脚を披露しており、そのあとの2戦はGⅠでこれまでの芸風と違う先行競馬を試してみての沈没。
まだ走る気を失っていなければ、このメンツでは当然有力候補。できればまた道中は後方で控えて脚を溜める競馬をしてほしいところだが……


毎日杯の方は見で。コンスタントにGⅠ馬輩出してるレースでもあるし、しっかり刮目しやす。


中山でレインボーラインが4着に敗れ、翌日予定してたハーフマラソンを体調不良で回避したのが3年前のこと。
散々だったが、振り返るとあの頃は幸せだったんだと思える。できれば今日という日も。