にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 高松宮記念 予想

日曜日はGⅠ戦線開幕を告げる電撃戦・高松宮記念。
ここからビッグレースが毎週のように続き、最も胸躍る季節の始まりのはずなのに、正直心晴れやかにはなれない。理由は述べるまでもないだろう。
どうしてこんなことにと嘆く気持ちや、開催中止という最悪の事態が到来することへの不安が常につきまとってはいるものの、出走表を眺めたり、過去のレースを分析したりしてあれやこれやと検討している時間だけはそれをしばし忘れることができる。

まあ、最悪の事態が来てしまったらその時はその時。今は宝物のような時間を楽しむことにしよう。

◆高松宮記念

◎⑨タワーオブロンドン
◯⑧グランアレグリア
▲⑫セイウンコウセイ
△⑥ダノンスマッシュ
☆⑰シヴァージ
注⑩アイラブテーラー



時計の掛かる馬場においてモズスーパーフレアがハイペースで逃げ、後続勢の地力がモノをいう展開になる筈。
昨年のような大荒れはそうありそうもなく、好位から抜け出すグランアレグリアとダノンスマッシュ、そのやや後ろからのタワーオブロンドンの3強を中心にせざるを得ない。

一角崩しの候補として、先行勢からは何故か高松宮記念(だけ)ではトップホースになるセイウンコウセイ。馬場の回復具合が思わしくなければ、更に期待度は大きくなる。
さすがに昨年のような低人気とはいかないが、それでも妙味はある一頭。

追い込み勢ではシヴァージ。相手関係はそれほどではなかったが、前走見せた鬼の末脚には惹かれるものがある。直線長い中京でより真価が発揮されるなら勝ち負けも大いに有り得る。
こちらも重馬場だとなおありがたい。

アイラブテーラーは馬柱だけ見たら▲ぐらい付けても良いのだが、さすがに直前追い切りなしという異例の臨戦は、調教参考程度派の自分にも気になるところ。
できれば返し馬を見てから取捨を決めたいが、注目馬でもないこの馬をテレビが拾ってくれるかどうか。待機所でてくてく歩いてるところしか映らないようなら諦めて切るしかないだろうか。


こんな感じで。全頭所見やら詳しくはnoteの方で。
今週忙しく、検討に着手できたのが土曜日、書き上げたのがレース当日ということで、無料公開としているので是非よろしければ。
note.com