にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 桜花賞 予想

ほとんどあらゆる娯楽がこの世から姿を消しているこのご時世、無観客とはいえ競馬を開催してくれているのは幸甚きわまりないこと。危機的状況が報じられる度に、何とか踏みとどまってくれと無力な自分は祈るばかり。
その一方で、桜咲き誇るターフの映像を見るにつけ、ああ競馬場行きてえなあ、現地で競馬観て、声を出して、喜んだり落ち込んだりしてえなあという想いも募るばかりで。

オイオイ騒ぐ連中にイラッとしたり、ボウズに終わって肩を落として帰った思い出さえ、今は尊い。

◆桜花賞

◎⑪クラヴァシュドール
◯⑰レシステンシア
▲⑤マルターズディオサ
△⑨デアリングタクト
△⑬マジックキャッスル
注⑭ミヤマザクラ
注②チェーンオブラブ

 


土曜日はほとんどのレースで先行有利だったが、外回りで、そこそこペースが流れた阪神牝馬Sは前も後ろもチャンスがあるレースだった。
同舞台の桜花賞もレシステンシアがタイトなペースを刻むこと濃厚で、先週の大阪杯のように前の位置をとれればOK、とれなきゃダメといったレースにはならない筈。

となるとシンプルにどの馬が強いかだが、やはりセオリー通り阪神JF→チューリップ賞組中心でいきたい。まして両レースの上位3頭が同じ顔ぶれとなると、その強さへの担保はでかい。
またダントツの強さを見せるかもしれないが、大外枠と同型の存在で危ういかもしれないレシステンシアや、好位に拘りすぎてオーバーペースについていきすぎた前科が何度かある田辺騎手騎乗のマルターズディオサよりは、少し外目の枠で中団で無理なく追走できそうなクラヴァシュドールを本命にしたい。

この3頭をまとめて交わしさり、2年前の桜花賞の再現を見せてくれるかもしれないのがデアリングタクト。
エルフィンSでは決して弱くないメンツだったが惚れ惚れするような末脚でぶっちぎりの勝利。時計的にも優秀だった。
キャリアの浅さや京都しか走ってないことなど、嫌う要素も少なくはないが、浪漫を感じる一頭は素直に買っておきたい。

注の2頭はもし馬場が重くなって時計が掛かるようなら一考。
とりわけチェーンオブラブは赤松賞のパフォーマンスを観ると着順はともかく結構強そうなのだが、あまりにも人気しなさすぎ。まさかの大万馬券を生み出すかもとひそかに期待。

でも、当たる当たらないは別として、できれば良馬場でやってほしいなぁ。。。


こちら、より詳しくやっとります。
note.com