にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 アーリントンカップ 予想

例年のごとく、このレースに向けた気合注入の動画を眺めるという儀式を終え、いざ検討。羽がついてるんだよぉ。
だからと言って8枠を買うという浅はかなマネはしてはいけない。フワフワだよぉ。

今週から土日にかけての騎手移動が禁止となった関係で、12頭中10頭が乗り替わりというカオスなレース。
しかし我々は知っている。だからといってむやみに荒れるのを期待するのは大間違いであることを。あーりんだよぉ。

◆アーリントンカップ

◎⑩ギルデッドミラー
◯⑥タイセイビジョン
▲⑦ボンオムトゥック
△⑨プリンスリターン

 


普通に考えたら同舞台である朝日杯2着、過去全連対のタイセイビジョンでまず鉄板と思われる。鞍上も新馬戦で勝っており、心配は少ない。

上回る可能性があるとしたら、その朝日杯で3着だったグランレイを前走で打ち破ったギルデッドミラーが最右翼。
舞台は異なるが単純に着差でいえばタイセイビジョンと同レベル。前前走では一ヶ月後に重賞ウイナーになるサトノインプレッサとクビ差の接戦を演じている。
これぐらいのレースでこれぐらいの馬に乗る福永騎手の信頼度はかなり高いと思うので、土日移動禁止ルールによる鞍上交替はつらいところだが、岩田息子に初の重賞タイトルをもたらしても何ら不思議ではないかと。

同じく牝馬で、出遅れ癖がなくなってから連勝しているボンオムトゥックも気になる一頭。特に前走はかなり強い勝ち方だった。
初の混合戦で怯まなければ十分勝ち負けもあり得る。

シンザン記念で唯一勝ち馬に食い下がり、朝日杯掲示板入りはフロックでないことを証明したプリンスリターンまで抑え、少点数で勝負して皐月賞の軍資金を捻出したい。


あとは我に勝利の女神が微笑むことと、今年こそウイニング競馬の煽りVにレインボーラインが登場することを祈って、勝負の時を迎えたい。


なお中山GJは見の予定。本命→対抗の馬単でもおそらく3倍つかないと思うし、逆にこのレースで高配当を狙うということは、競馬をやる者が決して望んではいけない出来事に期待することとほぼイコールだと思うので。
本線が意外と付くようなら買うかもしれないが、今のところ応援だけの予定。
ていうか明日の関東は数年に一度の大雨で風も強いらしくかなり心配である。安全な競馬の施行が難しい場合は迷わずに英断を下してもらいたい。


皐月賞
note.com