にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 青葉賞 感想戦

本番と同条件のトライアルなのになぜかこれまでダービー馬は輩出していないのでお馴染みのレース。
近年に限っては後にGⅠ戦線を賑わす馬もほとんど出てきておらず、それどころか期待されつつ早期引退する馬が目立ったり。
いずれ潮目が変わるのかなと思いつつ、今年のレースを振り返る。

www.bakenbaka.com

◆青葉賞

◎③オーソリティ
◯⑰ディアスティマ
☆⑬ロールオブサンダー

【買い目】
馬連・ワイド・3連複 ③⑬⑰

【着順】
③オーソリティ ◎
⑦ヴァルコス
①フィリオアレグロ
④ブルーミングスカイ
⑫メイショウボサツ

 


好位追走からどん詰まりになりかけ、横移動で持ち出すという、どちらかといえば不出来な競馬になりながらも差しきったオーソリティは、やはりここでは一枚上手。いわゆる戦ってきた相手が違うというやつで、その辺りこちらの見込んだ通りだった。

2着のヴァルコスは後方から早めに上がってきて、長く良い脚を使ってそのまま勝ち負けという強いなと思わされる競馬。

2頭とも皐月賞組には劣後すると決め付けるのは早計。昨年は京都新聞杯、一昨年はプリンシパルSから向かった馬が穴を開けているし、今年もこの辺りから出てきた伏兵があっと言わせるかも……などと思っていたところ、勝ち馬のオーソリティは横っ飛びが祟ったか骨折してしまいダービー回避との報。
ファンとして願うのは各路線から集結してくる頂上決戦なわけで、非常に残念ではあるが、まあしっかり治療してまた勇姿を見せてくれることに期待しよう。


言うまでもなく当方の馬券は的中なし。
自信の本命こそ勝ったものの、対抗のディアスティマはまさかのタイムオーバーの大敗で、調教再審査行き。
ロールオブサンダーの田辺も、当たり前のごとくタナベってしまう。
「本命の単勝にしとけば良かった……」と項垂れることかれこれ100万回目ぐらいだろうか。

わかっている。
弱いのは馬でなく自分。ヘタなのは騎手でなく自分。

いつか上手になる日は来るのだろうか。