にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 NHKマイルカップ 予想

四年前の天皇賞春の日に競馬と本格的な出会いを果たしたことは先週述べたが、どっぷりハマる決定打となったという意味で思い入れが深いのはその翌週のNHKマイルカップだったりする。

よくわからんなりに東スポの馬柱を眺め、こいつがエエかなとチョイスした12番人気の馬が激走して3着。
競馬の醍醐味のひとつである、目をつけた穴馬が目論見どおり来てくれたときの快感に、ラチ沿いで震えたときのことは今でも覚えている。
尤も、馬連1・3着で当たりを逃すという痛恨の悔しさも同時に味わっているのだが。

そんなわけで、自分の中ではこのレースは『レインボーライン記念NHKマイルカップ』と呼称すべきレースなのだが、実はこれまで当てたことがない。
いいかげん初的中を出したいなとか思うのは当然なわけで。

◆NHKマイルカップ

◎⑥ギルデッドミラー
◯③レシステンシア
▲②タイセイビジョン
△⑤シャインガーネット
△⑭ルフトシュトローム

今年は有力馬に何かしら不安要素があり、また第二グループにあたる馬も粒揃い。
何が来てもおかしくないし、来なくてもおかしくないという難解レースであるが、そんな時ほど割と固めに決まったりするんだよなぁとか思いつつ。

 


レシステンシアが平均か早めのペースで逃げると思われ、真価さえ発揮できればこのGⅠ馬の勝ち負けは必至。
が、重馬場でタフなレースになった桜花賞を経ての初輸送・初左回り・初混合戦に不安がないとは言えない。

軸にしたいのはギルデッドミラー。格としてはレシステンシアや直接対決でも敗れているタイセイビジョンに劣るが、枠も良く、好位から逃げ馬を見ながらレースを進め、直線抜け出して捕まえにいく競馬を実践できそうな一頭である。
今の府中では後ろからになるであろう人気馬よりも、こちらの方を選んでみたい。

牡馬では格が最上位で、叩きだった前哨戦も快勝してきたタイセイビジョンだが、枠と展開に泣かされる恐れはある。
逆にある程度スムーズな競馬さえできれば上位進出は必至。

やはり前哨戦を勝ってきたルフトシュトローム、シャインガーネットあたりも抑える必要あり。

逆に怪しいのはこれまで時計の掛かる馬場しか経験がなく、中間でソエが出て調整が遅れるなどあったというサトノインプレッサ。
脚質的にも展開や馬場が向かなければかなり厳しく、まあ来ちゃったら仕方ないかなと切るべき一頭と考える。


より詳しくはこちらで。今週も無料です。
note.com