にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 NHKマイルカップ 感想戦

春の東京を彩る5週連続GⅠ(過半数マイル)の第一弾。
昨年末よりGⅠの神様にそっぽを向かれてしまった感のある当方としては、何とかここを勝ち越して挽回したいと切望しているわけで。
そのためには初戦は何が何でも手にしたいと熱望しているわけで。

www.bakenbaka.com

◆NHKマイルカップ

◎⑥ギルデッドミラー
◯③レシステンシア
▲②タイセイビジョン
△⑤シャインガーネット
△⑭ルフトシュトローム

【買い目】
単複 ⑥
枠連 [1]ー[2]
3連複 ⑤ー⑥ー⑧
3連単 ⑥→③→②

正直無印の中にも何頭も気になる馬がいるし、ここまでの力関係でいえば勝ち負け間違いない筈のレシステンシアやタイセイビジョンも危なさ漂っているしということで、我ながら腰がひけてるなと思いつつメインは本命の単複で。
あとは額面通りの決着になった場合+何気に気になるプリンスリターンもカバーできる枠連を抑え、残りはお遊びで。

 


【着順】
⑪ラウダシオン
③レシステンシア ◯
⑥ギルデッドミラー ◎
②タイセイビジョン ▲
⑭ルフトシュトローム △

上位3頭が揃って前走2着馬。
NHKマイルカップは前走1着馬の分が悪いと聞いており、それはおそらく桜花賞皐月賞からクラシック2戦目でなくこちらに来る馬が優勢だからだろうなとあまり参考にしていなかったのだが、ここまで傾向どおりになると、ちと来年は検討材料として軽視できないかもしれん。
まあ重きを置いた途端に覆されるのがデータではあるのだが。

さて今年のレースはといえば、案の定の前残り。
お手本のような平均ペースを刻み、逃げ切りを図るルメールだったが、一枚上手だったのは出負け気味のスタートからグイグイ押して前に進出し、番手でがっちり逃げ馬をマークしたミルコ・デムーロ。
元々前が有利な馬場と、ルメールがしっかり前が残れるペースを刻むであろうことを読みきっての好騎乗が実り、最後は突き放しての勝利。
後出しになるが、ラウダシオンも無印ではあったが結構ギリギリまで取捨を迷った馬だったりする。最終的には直対で上回ったシャインガーネットを上に評価し、また追い切り本数が多すぎたことから出来が良くないのかもしれないと判断してしまっていた。

レシステンシアは今回の結果とこれまでの戦歴から見たら、もっと厳しいペースで逃げた方がアタマで残れた可能性はあったのかなとも思えるが、桜花賞での消耗もある状態でそれをやったら下位に沈んでいた可能性もあるわけで、パラレルワールドを覗くことができない以上何とも言えない。ひとつ言えることはやはりこの馬は強いということ。
秋は妥当にマイル路線か距離を縮めるか、或いは最後の一冠にチャレンジしてくれるか、鞍上は誰になるのか。楽しみは多い。

先頭と少し離れた好位から前を窺い、そのまま上位に食い込んでくるという、狙いどおりの競馬をしてくれたギルデッドミラーと福永祐一のおかげで複勝はゲット。
また前哨戦で敗れたタイセイビジョンをハナ差上回っての入線というのが小気味良い。

競り負けたタイセイビジョンも枠と馬場状態を考慮してだろうか、芸風変えての先行策だったが、惜しくも初めての馬券圏外。
1・2着馬を見るに位置どりが間違っていたとは思えず、単にこういう競馬が向いていなかったか。これで鞍上が叩かれるのは気の毒な気がする。

ずーっと前が開かずに、最後の最後にやっと追えて5着のルフトシュトロームは相当強いかもしれない。もし騎乗していたのが福永だったら、ネットやSNSで大喜びして叩く人がいただろうなと。
なお、常々述べているが、競技の特性上前が詰まることはそこまで大騒ぎするほどのボーンヘッドではない。よって福永だろうがレーンだろうが過剰にどうこう言う必要なし。


勝ち馬こそ切ってしまっていたものの、5頭に印つけて2〜6着を占めるという、予想はそこそこイイ線いってたと言えないこともなく、またささやかではあるが久々にGⅠで馬券をとることができた。

これを弾みに、春の府中を勝ち越し、いや全勝目指して引き続き頑張っていきたい。