にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 ヴィクトリアマイル 予想

東京・京都・新潟という日本の三大都市すべてが雨に見舞われた土曜日。
これで馬券が取れなかったりしようものなら我が心にも冷たい雨が降りしきるといったものだが、当方運良く京都メインでそこそこの的中にありつくことができ、ピッチピッチチャップチャップと小躍りしている次第。

日曜日は少なくとも東京は晴れる模様。更なる的中で、我が心もおひさまキラキラ朗らかにといきたいところ。

◆ヴィクトリアマイル

◎⑫アーモンドアイ
◯⑦ダノンファンタジー
▲⑤プリモシーン
△②ビーチサンバ
△⑯ノームコア

 


普通に考えたら、なかなかのメンバーが揃った中でも突出しているアーモンドアイ。
有馬記念で初めての大敗を喫し、ドバイに行って走らず帰ってきたことで状態はどうなのかという不安は確かにある。また、安田記念でなく牝限のここに出してきたことを弱気の現れと見る向きもある。
が、有馬記念は距離も馬場も展開も向かなかったレースであり、また安田でなくVMに出してきたのはひょっとしたらこの春もう一戦という声が陣営の中にはあっての判断かもしれない。てことは状態も悪くはないのでは。
ここは素直に、幾度となくこの目で見てきた、一頭だけ違う動物なんじゃないかと思わされるような問答無用な強さをまた見せてくれる方に期待したい。

先週のNHKマイル、土曜の京王杯SCの結果から、今の府中は前残り傾向がかなり強いように見えるが、それが罠になり、先行馬も多いためいくらなんでもなハイペースになるのではないかと踏んでいる。
それでもあまり後ろすぎると届かず、好位中団あたりの前を捉えられる位置につけつつしっかり脚を溜め、直線スムーズに進出できた馬による上位争いになると予想。

面白いのがダノンファンタジー。先行力も自在性もあり、位置どりが悪かったことはほとんどない。(阪神JFぐらいか)
その戦績からマイルはベスト、東京では勝ってこそいないが新馬戦は相手が化物すぎたし、オークスは距離が長かった割には好走しているので適性も悪くない。
前走5着も、休み明け余裕残しの仕上げと考えれば決して悲観すべき結果でもなく、まさに前走1番人気で負けた馬が次走人気を落としたら買い、の法則にピッタリ当てはまる存在といえる。

成績に波があるプリモシーンだが、こと左回りのマイルに限れば常に好走。馬券外はNHKマイルだけだが、あれは出遅れた上、直線では前が詰まって横移動というヒドい騎乗だった割には頑張った方。
国賓ばりの待遇のレーン氏が、昨年ともにここを勝ったノームコアでなく、こちらに乗っていることからもその期待の大きさが窺える。

あとは内枠でまた福永が複永やってくれそうな気がしてならないビーチサンバと、昨年王者のノームコアに印を付けたが、他にも気になる馬は多数。前で残りそうなのとか後ろから突っ込んできそうなのとか。
もちろんアーモンドアイ中心に行くならあまり広げることはできない。いっそ絞りに絞るか、でもなぁーと頭を悩ませている。


全頭所見やら、レース展開の妄想やら、詳しくはこちらで。
note.com