にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 葵ステークス・目黒記念 感想戦

ダービーウィークを彩ったのはダービー出走馬のみにあらず。
短めの距離を走る新鋭に、長めの距離を走る古豪たち。それぞれの戦いに、それぞれのドラマ。


土曜日の葵ステークスは見。
サマースプリントや秋の大舞台で活躍しうる若き快速馬を見出そうと刮目。

◆葵ステークス

【着順】
⑫ビアンフェ
③レジェーロ
⑤ワンスカイ
①ケープコッド
⑧サヴァイヴ

かつてタイセイビジョンにも勝っているこの距離で、この相手ならば問題なかったビアンフェが決して楽ではないペースで堂々逃げ切り勝ち。いやー買えたなー。

唯一勝ち馬に迫った2着は好枠のレジェーロ。レースレベルに差があるとはいえ前走1番人気で負けて一気に人気を落としての参戦。いやー買えたなー。

というわけで、馬連63倍を軽くとれた筈のレースを見にして、唯一買った東京メインはダート初挑戦でモズアスコットするんじゃなかろうかと本命にした馬がシンガリのくそ負けで土曜日は終了。

 


日曜日夕刻、圧巻の強さで無敗の二冠馬が誕生した余韻も冷めやらぬ中、ダービーウィークのトリを飾る強豪(中堅ぐらいか?)たちによる伝統の一戦。

◆目黒記念

【着順】
⑤キングオブコージ
④アイスバブル
⑪ステイフーリッシュ
②ノーブルマーズ
⑫ゴールドギア

中長距離に変えてから、そして横山典弘が鞍上になってから3連勝でOP入りしてきた4歳馬キングオブコージが後方から、この馬自身の勢いを現すかのような伸びを見せて重賞勝利を掴む。
それにつけても、直線で前が塞がっても慌てず騒がず「この長い直線、どうせそのうち開くんだから」と言わんばかりの落ち着いた手綱捌きのノリさんには恐れ入るばかり。
次は宝塚か、秋の大舞台に備えるか。クラシックには無縁だった上がり馬が、若き日から活躍しているエリートたちに立ち向かうのもまた競馬の興である。

一番人気に応えた新星とともに、近走イマイチでも、昨年2着で鞍上レーンと期待しか持てないアイスバブルに、この距離は初でもGⅡGⅢでは大概好走しているステイフーリッシュを抑えるだけの簡単なお仕事。

当方は、同じベテラン騎手騎乗の4歳馬でもボスジラの方を選び、外国人ならデムーロの方、あとはダービージョッキーのおかわりに期待と馬券を買い、レース中ただの1秒も興奮できず。


GⅠこそNHKマイルしか取れていなくとも、全体的な馬券状況は5月中程までは調子良かったのだが、無敗の二冠馬が連続で誕生したオークスウィークとダービーウィークをいずれもボウズで終えてしまい、結局5月もマイナスフィニッシュ。

崖っぷちで迎えた上半期最終月。
逆転を焦りヤケになっちゃいかんと言い聞かせつつ、豪華絢爛なマイル王決定戦、そしてグランプリへと臨む。