にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 鳴尾記念 予想

現時点での2020年馬券収支を見てみると、もし今手元にこんだけの金銭が湧いて出てきたらかなりウッキウキな気分になれるわなぁという程度の額は負けている私めことへっぽこ馬券師。
上半期最終月は崖っぷちで迎えることに。いや、既に崖の下に落ちていることに気がついていないのかもしれない。

この身を這い上がらせてくれるのは的中馬券のみ。
必死の気持ちで、出走表を睨みつけ。

◆鳴尾記念

◎②トリコロールブルー

GⅢとしても微妙メンバーが顔を揃えたこのレース、普通に考えれば昨年のオークス馬が抜けた存在であり、ほぼ鉄板と言って良いレベル。
もし対抗しうるとしたら菊花賞2着馬ぐらいだろうか。

が、オークス後のラヴズオンリーユーの戦歴を見ると、昨秋使ったのは一戦のみで、半年ぶりとなったVM7着は久々としてはある程度の結果を出したとも言えるし、あの強い馬はもうピークアウトしちゃったかなとも思えなくもない結果だった。
そして叩いた後に選んだのが安田記念でも宝塚記念でもなく、ここと言うのがどうも気に入らないところ。確実に取りにきたのかもしれないが、随分と弱気なレース選びじゃないかと。

サトノルークスも菊花賞後に骨折し、久々の復帰戦ということで、ここは無難にまわってくるだけかもしれないし、そもそも常に安定したタイプではなく、信頼はおきづらい。

ここはこの2頭以外から本命を選ぶこととしたい。仮にこの心配が杞憂で2頭ともに強い競馬をされたとしても、3頭目に入ってくれそうな候補をチョイス。

 


開幕週の阪神内回りということで、先行する馬を買っときたいところではあるが、イメージできるのはキメラヴェリテとブラックスピネルの赤枠2頭が激しくハナを争って、4コーナーあたりで脚色怪しくなり、好位にいたラヴズオンリーユーに駆逐される光景。
むしろ後ろすぎない程度に後ろから、確実に脚を使ってきそうな馬を選びたい。
ということで◎打ったのはトリコロールブルー。OPでは大体好走、重賞になるとやや苦戦する傾向にあるが、強い少数を除けばOP中位ぐらいのレベルのここでは普通に有力。
好枠を生かし1・2コーナーは内側をまわり、4コーナーで進出、直線で弾けるレースに期待したい。このぐらいのレースでこのぐらいの馬に乗る和田騎手というのも、結構信頼できるんじゃないかと。


さすがに単勝は無謀すぎるが、かといって複勝は思ったより付かなそう。
さすがに3着は外さないと思われるラヴズとの馬連・ワイドにするか、妙味を求め更なる穴馬を探してみるか。
当日の傾向も眺めつつ、考えてみたい。