にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 鳴尾記念 感想戦

鳴尾記念
敗れ自ら 慰める
土曜の夜は オナる記念なり

などと詠んだ歌人がいたとかいなかったとか。

お、あまり人気してなくてめちゃくちゃ狙える馬いるじゃん。しかも鞍上も良い。こりゃ久々にいただきだぜ〜!
なんて自信満々で臨んだレースであればなおのことで。

www.bakenbaka.com

◆鳴尾記念

◎②トリコロールブルー

単勝 ②
馬連 ②ー⑦⑧
ワイド ②ー⑧
3連複 ②ー⑦ー⑧

当初はトリコロールブルーの単複を考えていたのだが、思いのほか複勝が付かないので、こりゃ相手探さなきゃならんなと。
さすがに3着内は固そうなラヴズオンリーユーと、京都新聞杯で後のダービー馬に勝利してる上にこないだの大阪杯でもある程度やれてたレッドジェニアルをチョイス。

 


【着順】
①パフォーマプロミス
⑦ラヴズオンリーユー
⑧レッドジェニアル
⑩サイモンラムセス
⑬レッドガラン

人気馬らしく好位から前を飲み込む競馬をしたラヴズオンリーユーと、中団で足を溜めつつ最内生かした経済コースから、前の2頭の手応えが怪しいと見るやスッと外に出したパフォーマプロミスとの叩き合い。
首の上げ下げで勝利の女神が微笑んだのは長休明けの8歳馬。好騎乗に応える好走で、1年7ヶ月ぶりの重賞勝利。
春の天皇賞3着やGⅡ2勝など実績上位だし気にはなっていたが、さすがにこの年齢で一年のブランク明けなのと、もう少し長めの距離向きかなと切ってしまっていた。残念無念。

後方にいたサイモンラムセスが4着に飛び込んでくるなど、前にいた馬に苦しい展開の中、勝ち負けしたラヴズオンリーユーは決して弱いというわけではない。
が、大きな不利があったわけでなし、このメンツであればしっかり勝ちきってもらいたかったところ。立て直して今一度あの強さを見せてくれるか、このままトップクラスからは脱落してしまうか。次が正念場。

出遅れかまして万事休すと思われたレッドジェニアルが最後方から末脚炸裂のごぼう抜き。展開向いたことを考えるとこちらも次が試金石か。

相手は来たのだが、本命トリコロールブルーは好位につけ、よしこれはいいぞと期待するも伸びを欠き7着。展開向かなかったにせよ、はっきりと力が足りなかったと言える走りぶりではあった。
まあほぼ人気どおりの結果だったわけで、嬉々として本命にした己と、世間の馬券師諸兄と、どちらがふし穴かよくわかるというもの。


今年も夏競馬は馬券休止しようかと思っているのだが、この負け続きで、ひと足早く宝塚記念前の2週間も休みにしようかなぁと考えているところ。
いかにも弱気ではあるが、勝てる気がしない時には自重する決断も大事ではある。

……と思いつつ、一応エプソムカップの登録馬眺めてみたところ、オイオイ絶好の穴馬になりそうなのがいるじゃんかと。

世の中では、こういうのをドツボと言う。