にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 エプソムカップ・マーメイドステークス 予想

雨降りしきる土曜日、阪神メインで穴馬の馬連・ワイド一点勝負。もし1・2着なら今年の負けを全て取り戻し、2・3着でもかなり気持ちは浮揚するという期待をもって臨んだ結果が3・4着。
こんなんならいっそ話にならない外し方してくれれば良いのにと、爪を噛んで過ごしているうちに夕方から夜に。外の雨はなかなかやまない。

◆エプソムカップ

◎①ソーグリッタリング
☆⑭インビジブルレイズ

幾分か雨は弱まってきており、一旦はやむ見込みではあるが、当日も多少はパラつくようで、おそらくそこまで馬場は回復しない。
稍重の昨年勝ったレイエンダ、重の一昨年勝ったサトノアーサーといった人気どころが目を惹くが、前者は渋り気味の馬場は得意なもののあまり重い馬場は経験がなく、後者はある程度安定感はあるもののかつてよりはやや下降気味。
もう一頭人気しているピースワンパラディもいくら不良馬場で好結果出していると言っても、準OPをごく僅差で勝ち上がってきたばかりの馬。ここは波瀾が起きる余地は十分にあるレースと見る。

本命はソーグリッタリング。OPクラスで常に上位に顔を出すも突き抜けて強い印象はないが、1800mは明け3歳の頃に一度不覚をとっただけで、他は全て馬券内。
テン乗りの鞍上と、これまでなかった短期間での連続輸送が気がかりではあるが、休み明け2戦目は滅法強い。また重馬場もイケるクチ。
このメンバーで確実に勝ち負けとは言えないが、人気からしたら買いの一頭かと。

相手は更に人気薄のインビジブルレイズ。東京ではこれまで2戦2勝。前々走では今回再戦になる何頭かも含めてそこそこのメンバー相手に勝ち切っており、休み明けで鞍上も競馬場もお初だった前走の負けで人気をここまで落とすなら是非買いたいところ。
こちらは道悪の実績はいまいちだが、昨秋から馬が変わってきてる感があり、それ以前の不良馬場での大負けはそんなに気にしなくて良いかなと。

 



◆マーメイドステークス

◎⑯レイホーロマンス

こちらはエプソムCより更に難解。
例年、軽ハンデの格下馬が穴を開けることが多く、昨年は準OPも勝っていない馬のワンツーで決まり、更にその2頭はその後の活躍なしときている。
本来なら、エリザベス女王杯4着でクロノジェネシスに先着しているセンテリュオがダントツの人気になっても良さそうなところ、前日時点で5番人気なのも、皆このレースでは実績などアテにならないことを知っているのだろう。

本命はレイホーロマンス。どっちつかずな気もするが、重賞実績と軽ハンデを兼ねていたりする。
おそらくナルハヤやオスカールビーといった軽量の逃げ・先行馬がハナを争い、馬場状態を踏まえるとペースは早めになるのではないだろうか。
そうなると、中団以降で脚を溜めて末脚に賭ける馬にチャンスあり。渋馬場で実績があるレイホーロマンスにはうってつけの展開となる。

相手候補は山ほどいすぎる。広く流すか、それでも抜けが怖いのでさほど妙味はなくとも単複にするか。これが悩みどころ。


週半ばぐらいまでは、今週は自重して見にしようかと思っていたのだが、結局やっちゃう情けないサガ。
ああやっぱりやんなきゃ良かったと嘆く日曜夜にはしたくないものだが。