にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 エルムステークス・レパードステークス 感想戦

さほど忙しいということもないが、暑さにへばって、外から帰宅したらしばらくは何もできずにぐったりしてしまう今日この頃、当ブログもだいぶサボりがちで、土曜の夕刻に前の週の重賞を振り返る始末。

先の日曜日は、若駒たちは新潟、古馬たちは札幌の地に集い、いずれはダートの頂点を目指しての戦い。
昨年の勝ち馬はどっちも前走10着だったとか言ってはいけない。

◆エルムステークス

【着順】
⑬タイムフライヤー
⑧ウェスタールンド
⑩アナザートゥルース
⑫ハイランドピーク
④ワンダーリーデル

前走OP戦で久々に勝利したタイムフライヤーが、やや出負け気味のスタートから中団で脚を溜め、コーナーでまくり気味で上がり、更に後ろからまくってきたウェスタールンドに一度は並びかけられるものの突き放しての勝利。
今度は久々の重賞勝ちとなり、実況の人の「輝きを取り戻してゴールイン!」という決めてやろう感ありありの名言を引き出してくれた。
ワグネリアン、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、エタリオウといったクラシックを争ったライバルたちが皆苦戦し、エポカドーロにいたってはターフから去ってしまった中、いち早くトップ争いからは脱落したと思われたこの馬が舞台を変えて活躍を見せるというのはなかなかに胸熱。
今度は久々のGⅠ勝利……などという夢を見てもバチは当たらないだろう。

なお、当方この週はこちらを勝負レースとし、直線短い札幌ダートで各陣営前に意識が向き、却って差し追い込みが利くのではないかと選んだのがウェスタールンドとサトノティターン。
思い切り良く自分の競馬に徹した前者はさすがの結果を残すも、後者は押せども進まず終始後方でジョギング。全然ダメにて終戦。

 



◆レパードステークス

【着順】
①ケンシンコウ
⑦ミヤジコクオウ
②ブランクチェック
④デュードヴァン
⑬ニュートンテソーロ

意表の先行策で、競り合われても前を譲らなかったケンシンコウが直線でも脚色衰えることなく、影も踏ませず勝利。
競り合ったタイガーインディや、ついていった人気馬のラインベックなどは沈んでいるあたりかなり強い勝ち方と言えるのでは。
次は武蔵野Sからダート王者決定戦を目指すということで、海千山千の強敵たちが待ち構えているわけだがどれだけやれるのか楽しみである。


個人的に身も心もゆるみきっているこの夏もそろそろ終わりに向かいつつある。
ひとつギアをあげて、次なる季節へと態勢を整えていかなければ。