にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 札幌記念 予想

昨年の札幌、一昨年の函館、三年前の札幌。
いずれも思い出すだに楽しすぎて思わず顔がにやけてしまう、甘美な記憶として心の引き出しにしまってある。

定番になっている北海道旅打ちを今夏も行う予定で、まだコロナ渦が武漢という地での対岸の火事と思われていた頃に早々飛行機のチケットも取っていたのだが、まあこんなことになってしまって。
無為にキャンセル料だけ失うよりは、避暑と食べ物目当てで行ってまおうかなとも思ったりもしたのだが、大目当てのない旅というのも虚しいもの。ここは競馬場での観戦ができるようになるまで我慢の一手。

既報の通り夏は原則馬券お休みとしているのだが、現地で存分に楽しむ予定だった当週の大一番だけは、ガッツリ勝負といこうかと。誰も待ってはいないと思うが久々に予想記事なぞ。

◆札幌記念

◎②ペルシアンナイト
◯⑩ポンデザール
▲⑥ラッキーライラック
△①ノームコア

 


夏競馬最大の一戦としてはイマイチなメンバーになりそうなところ、GⅠウイナーの牝馬二頭が何とか格好をつけたなぞと言われている今年の出走表。
いやいや、もう一頭のGⅠ馬をナメちゃいけない。

ペルシアンナイトは0.3秒差5着だった昨年ぐらい走れば、今年のメンバーなら馬券に絡める公算が高いんじゃないかと。
もう終わったと思われる向きもあるようだが、宝塚記念の4.5秒差はあそこまで負ければ参考外。あのレースは何もかも特殊すぎた。
その前の安田記念も大敗は大敗だが、アーモンドアイやインディチャンプとの着差を見ると昨年とそんなに差はなく、戦歴を見るにそもそも府中は苦手な可能性が高い。
マイルCSで3年連続馬券になるなど、この馬が得意としているのは右回りの直線平坦な競馬場、かつある程度時計が掛かる馬場なのではないだろうか。
凌ぎを削ったレイデオロ、アルアイン、スワーヴリチャードといった同世代の強者たちの多くが引退していった中、この馬とキセキにはもう一花咲かせてもらいたいといった願望があることも否定はできないが。

ポンデザールは重賞実績も中距離での実績も乏しいが、当地でのOP特別を2戦完勝している札幌巧者ぶりを買いたい。
まして鞍上はあの男。ノームコアが戻ってきても良さそうなものなのにこっちに乗ってるあたり、かなり期待が大きい存在なんじゃなかろうかと。

あとは相手に女王様たちを抑えておけば、他は些か格が違うのではないかと。
逃げ・先行馬が残ってしまう展開は少し怖いが、好位にいるであろうミルコが駆逐してくれるんじゃないかと期待したい。


都内の狭いアパートから、心は北の大地へと。