にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 北九州記念・札幌記念 感想戦

本来であれば旅の空の下にいる筈だったこの休日。家からほとんど出ることもなく過ごしていたところ、気がついたら日曜の昼下がりになっていた。
もし旅打ちしていたら、もう終わりを迎える時間なのかと些か呆然。もう少し時間の濃度というものを考えて生きなきゃいかんなと。

まあ決して多くない残された時をどう濃密に過ごすかというのは明日考えることとして(それが良くない)、今日のところは目の前の競馬じゃいと。

◆北九州記念

【着順】
④レッドアンシェル
⑩モズスーパーフレア
⑪アウィルアウェイ
⑥クライムメジャー/⑮アンヴァル

こちらのレースは見。

モズスーパーフレアのような強力なハイペース逃げ馬がいる場合、なまじ付いていったらつぶれてしまう公算大。中団以降でしっかり脚を溜め、あとは逃げ馬の脚がどれだけ鈍ってくれるかに賭けるしかない。
もちろんただ後ろにいればいいわけでなく、できればコーナーはロスなく回りたいし、GOを出すタイミングが早すぎても遅すぎてもダメ。
そんな仕事を完璧にやってのけたのが福永祐一。2歳戦で目下絶好調の男が重賞でも結果を出してくれた。

尤も、レッドアンシェルは脚部不安での長期離脱後はなかなか輝きが戻らなかったものの、元々はスプリント路線に転向して破竹の勢いで勝ちまくり、覇権争いの有力候補に躍り出ていた馬。本領を発揮すればザッとこんなもの、8番人気とかナメすぎだよといったところだろうか。
ラブカンプーの3着ではも一つ説得力に欠けたが、今回の結果と走りぶりで、再び大きなところを狙える存在であることを示してくれた。秋が楽しみ。

もちろん実質トップハンデだったGⅠ馬のモズスーパーフレアがここで全力だった筈もなく、秋の大舞台へ向けてむしろ上々の叩きといったところだったのではないだろうか。

考えてみればあとひと月と僅かでまたGⅠシーズンが幕を開けるわけで。GⅠの香り漂うこの電撃戦で、いつまでも夏のお休み気分でいちゃいかんと目を覚まされた次第。

 


んで、本当は現地で見る筈だった夏の大一番。こちらは更にGⅠの匂いが濃厚に漂っている。

◆札幌記念

◎②ペルシアンナイト
◯⑩ポンデザール
▲⑥ラッキーライラック
△①ノームコア

【買い目】
枠連 [2]ー[1][5]
馬連 ⑩ー①②⑥
3連複 ①②⑥⑩
3連単 ②⑩→②⑩→①⑥

ようわからん買い方に見えるかもしれないが、要するに3連複ボックスと、馬連ボックスから人気2頭の組み合わせは削り、ペルシアンからの2点は馬連より枠連の方が付くっぽいのでそっちに変えたもの。
高配当狙いの3連単はともかくとして、できればWで当たってほしいなぁと期待を込めて、無人の競馬場に鳴り響く生ファンファーレを聞く。

【着順】
①ノームコア △
②ペルシアンナイト ◎
⑥ラッキーライラック ▲
⑩ポンデザール ◯
⑨イェッツト

ペースは平均ぐらい。番手にいたラッキーライラックが早めに抜け出して押し切りをはかろうとしたところへ、中団のインで脚を溜めてたノームコアとペルシアンナイトが襲いかかり、春にこの距離で混合GⅠ勝った女傑を交わしさる。

抜け出したノームコアは、久々の2000だったが、実はこの距離が最も得意なのかもしれないと思わせる強さ。振り返ってみると過去3戦して1勝だが馬券内は外しておらず、敗れた2戦もほぼ差のない競馬だったり、展開向かない中で上位に食い込んだりと評価に値するレースだった。
秋は天皇賞でアーモンドアイと二度目の激突になると思うが、展開次第では十分に勝負になりそう。(先行できなければ話にならない馬場になっていたら厳しいが)

本命つけたペルシアンナイトも期待に応える走りを見せてくれた。舞台と展開を選ぶタイプではあるが、まだまだ終わってはいない。マイルCSにはおっそろしいメンバーが集まってくる上に、得意の京都でなく阪神になるのが痛いが、4年連続馬券内という夢を見てもバチは当たらないだろう。

ラッキーライラックは、割とあえなく捕まってしまったあたり積極的に動く競馬は元来向いていないのかもしれない。
あからさまに先行有利な馬場なら好位からのちょい差し(大阪杯)、差しが効きやすい馬場なら末脚に賭ける(エリ女)競馬をできれば強いのは結果が示すとおり。さすがにGⅠなら他に積極性のある馬がいて、それをさせてもらえる可能性は高い。四度目の戴冠も全然あり得る。

結局、GⅠ馬はナメちゃいけませんというよくある結果に終わった夏の大一番。
コーナーで手ごたえ怪しげに見えたポンデザールも最後まで良く健闘したけど、上位3頭とは明確な差があったかなぁと。


馬券は枠連と3連複をWゲット。中央競馬ではいつ以来か見当もつかないが勝利を飾ることができた。

f:id:bakenbaka:20200823203103j:plain

しかも馬連と枠連で360円もの差がつくという嬉しさのオマケ付き。こういうの結構バカにならない。(裏目に出ることもよくあるが)

秋の本格復活の前に上々の結果を出すことができ、旅打ちに行けなかった悲しみを何とか乗り越えることができそう。
嫌なことばかりじゃないんだな。