にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 ローズステークス 予想

世の中的にはどうか知らんが、自分としては一向に定着する気配がないシルバーウィークを迎えたが、今年は珍しくカレンダー通りに休みがとれた。
そう遠くないうちにシルバー世代になる日を迎える身として、ゆったりと骨休みといきたいところだが、そんな我らに立ち塞がる中央競馬三日開催。

先週久々に大ヒットをかっ飛ばした勢いに乗り、ここもしっかり勝利して、老後の資金を蓄えておきたいところだが果たして。

◆ローズステークス

◎⑨クラヴァシュドール
◯⑤リリーピュアハート
▲②フィオリキアリ
△③フアナ
☆⑫チャイカ

 


桜花賞では3角あたりで謎の大失速をして早々と終わったかと思いきや盛り返して4着、3番人気で臨んだオークスは上位入線間違いなしと思える走りをしていたところ残り200でパタっと脚が止まったクラヴァシュドールは条件さえ合えば世代トップクラスの力があるんじゃないかと踏んでいる。
重馬場の桜花賞でのド根性からするに1600より長くても大丈夫、オークスの失速からして2400より短い方が良い、となると2000は適舞台なのではなかろうか。できれば例年どおりの阪神1800ならより安泰だった気もするが、本番の秋華賞を見据えるならここはしっかりクリアしてほしいところ。
東のトライアルを制したのは2度にわたりハナ差の接戦を演じ、本番ではともに思わしい結果を残せなかったマルターズディオサ。ならば西はこの馬が勝ち、GⅠの舞台でライバル再開、ともにリベンジに挑む……なんてシナリオ美しいじゃないの。

対抗はリリーピュアハート。こちらもオークスでは期待を寄せられた一頭だったが、スタートで派手に躓きほぼ終戦。それでもしまいは内側にいた馬の中では最も伸びており、スムーズな競馬ができていればと惜しまれる内容だった。
内実はわからないが、福永騎手がオークスではミヤマザクラ、今回はフアナよりもこの馬を選んだと言われており、かなり期するものがあるんじゃなかろうかと。

追い込み一辺倒だったところオークスで好位につける競馬にチャレンジし、休み明けの前走では先行策で見事に勝利したフィオリキアリに成長の予感。元々素質は目を瞠るものがあったが、この重賞の舞台で完全開花もあるかもしれない。

過去4戦すべて上がり最速の馬にルメール騎乗となると、さすがにフアナは抑えなくてはいけない。
大穴候補はチャイカ。外枠の先行馬がどう出るかにもよるが、逃げの形を作れたら面白いかも。

出遅れの可能性がかなり高く、安定して結果を出しているわけではないリアアメリア、デゼルはこの人気では買うべきじゃないのかなと。


チャイカが絡んだ場合のオッズなんかを眺めて独りニヤニヤしている土曜の夜。
同世代で早い奴はそろそろ孫とかいても不思議ではないんだよなぁ……などと思うにつけ、これでいいのかと悩んでしまうが。

とりあえず三日間の競馬が終わってから考えよう。