にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 神戸新聞杯・オールカマー 予想

東は古馬たち、西は3歳馬の主要GⅠへ向けた重要な前哨戦。
当然刮目しなければならないが、馬券的にはかたや少頭数、かたやぶっちぎりの人気馬の存在が妙味という点では難しくしている。

今週は見に徹するという選択肢も視野に、とりあえず検討はしてみよう。

◆神戸新聞杯

◎②コントレイル
◯⑪ディープボンド
▲⑤マンオブスピリット
△⑱ヴェルトライゼンデ


◎②コントレイル
まあこの馬は仕方ない。この世代の中では頭三つ四つ抜け出ているのは春に証明しており、いくらメイチでなかろうとも普通にいけばここは確勝級。
もし不利があったり、他馬に生涯一の爆走をする者がいたとしても、連は外さないだろうし、複を外すなどは余程のトラブルがない限り有り得ないと思える。
競馬に絶対は無いとは言え、ここは基本的に相手探しのレースかと。

◯⑪ディープボンド
東のトライアルで痛感させられたのが、重賞ウイナーを侮ってはならぬということ。
なにげにコントレイル以外では重賞勝っているのはこの馬のみ。ダービーでも先行して粘り強く掲示板に残っており、力はあるところを見せた。枠を考えたら実績二番手とみなされているヴェルトライゼンデより期待が持てるのでは。

▲⑥マンオブスピリット
そのディープボンドに京都新聞杯でクビ差2着の後、ダービー16着大敗。淀専用機と見られているのか全然人気していないが、あの末脚が活きる展開になれば。
中京2200だとスタートからしばらくは長いホームストレート緩まないペースで引っ張りそうなパンサラッサをはじめ、先行したい馬が何頭かいるので存外ペースは流れるのでは。そうなれば十分出番はある。

あと抑えるとしたらやはりホープフル2着・ダービー3着のヴェルトライゼンデ。
2戦2勝の後骨折をしてしまい、クラシックに参戦できなかったグランデマーレは走ってしまったら仕方ないと、切りの方針。

 



◆オールカマー

◎③ミッキースワロー
◯⑧カレンブーケドール
▲⑦ステイフーリッシュ


◎③ミッキースワロー
中山マイスターのこの馬にGⅡマイスターが跨るとなると、まず好パフォーマンスを観れる可能性は高い。このメンバーであれば一番人気はむしろ当然か。

◯⑧カレンブーケドール
重賞では勝ててこそないものの、5連続馬券になっており、その中にはGⅠ2着も3回あるというトップホースの一角。
ドバイにカラ輸送された中でここまで実戦復帰できていなかったのは厄介な怪我をしたウインブライト以外ではこの馬のみ。状態だけが不安であるが、それさえクリアしていれば勝ち負け必至。

▲⑦ステイフーリッシュ
古馬になってから、そこそこのメンツの重賞であればほとんど馬券になっている安定感は目を瞠るものがある。まさしくそこそこメンバーである今回は当然有力。
テン乗り田辺に一抹の不安。中谷がまだ続けてればなぁ。

この3頭をチョイスしてしまっては、それ以上には広げられない。
1年8ヶ月のブランク明けのジェネラーレウーノは走っちゃったらしょうがない、福島の鬼・クレッシェンドラヴは他場ではそこそこのOP馬ぐらいなんじゃないかなと切りにしようかと。


固い割にはそこまで自信ない……
やはりここは控えて、いよいよ始まるGⅠへと資金を温存しておこうかな、、、