にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 シリウスステークス 予想

ついに次の東京京都新潟開催から観客を入れることになった我らが中央競馬。
いくらなんでも人数絞りすぎで当選確率はほぼゼロに等しくなると思われ、一般席に臨時指定席作るなどもう少しキャパ増やしてほしかったとか要望したいことも多々あれど、まずは第一歩を踏み出した英断に感謝したい。

まあ当たりゃせんだろと思いながらも、どこかで期待してしまうのは指定席抽選も馬券も同じこと。そんなドキドキも折角なんで楽しもう。

胸高鳴る秋のGⅠ戦線。
その始まりを告げるスプリント頂上戦の前日、まずはダート重賞を買ってみてご機嫌を伺う。

◆シリウスステークス

◎⑥メイショウワザシ
◯④アルドーレ
▲①ダイシンインディー
△⑩ダイメイコリーダ

今年はOPや重賞でブイブイ言わせてきた強豪馬が参戦しておらず、人気しているのがこれまで関東圏しか走ってないうえに前走は大井で大敗している3歳馬や、言ってもギリギリの接戦で準OPを勝ったばかりの馬。
となると狙うは、ブイブイとまでは言わずともこれまでOPでもある程度やれてきていた相対的な実績上位馬。

 


◎⑥メイショウワザシ
舞台は異なれど昨年のこのレースで3着。他OP以上を何度も走ってきて、今年の4〜7月の3戦こそ不調だったもののそれ以外は安定した成績を収めている。
前走で復調も見せており、このメンバーなら位勝ちするのでは。

◯④アルドーレ
前走阿蘇Sでそのメイショウワザシを交わしさり勝利を収めたアルドーレが対抗。確かな決め手を持ち、前々走のようにまくり上がってくるレースもできる。
昆厩舎&横山典コンビの有力馬。これは買っておく一手。

あとは展開だが、先行馬が比較的多めとはいえ余程速くなりすぎない限り中京ダートは前が有利。前を行くであろうダイシンインディーとダイメイコリーダのどちらかは残りそうな気がする。
ダイとダイ。ダイの大冒険放送開始日にこの2頭で決まるなんてしょーもないサインかもしれないが、ありそうで怖い。

カフェファラオの前走は何かの間違いで、ぶっちぎりで勝ってしまうなんてことも重々あり得るとは思うが、まあそれだったらしょうがないということで。


ここを獲って、翌日のGⅠ開幕戦も獲って、府中のプラチナシートも獲って、そんな数日間になってくれることを夢想して。