にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 秋華賞 予想

土曜日は府中牝馬Sのみ勝負して的中。まさかのJRA重賞3連続的中などというミラクルを達成してしまった。いや南部杯とかいう辺境のレースなんて知らんし(失礼)。
しかも、2野口が5諭吉1一葉1野口へと化けてくれて、雨降りしきる屋外へ飛び出し、アイシンギンザレイン〜とか歌いながら踊りだしたい心持ち。

とはいえ、土曜に当たったから日曜はいいや、とはならないのが馬券師という生き物。
むしろこれだけ良い流れで迎える大きなレースは、何が何でも獲らねばと普段以上に気合が入ろうというもの。

◆秋華賞

◎⑤ウインマイティー
◯⑬デアリングタクト
▲⑫マジックキャッスル
△②リアアメリア

最も勝つ可能性が高い馬は?と尋ねられたら誰だって春の女王デアリングタクトの名前を答えるだろう。力が突出しているのは否めない。
まして土曜日の雨により馬場はおそらく稍重以下、もし良まで回復したとしても力のいる馬場になりそうとなると、先行した快速馬が止まらなくて掴まえ損ねるというリスクもグンと減る。
とはいえ、前日時点とはいえ単勝1.1倍はいくらなんでも被りすぎ。そこまで全幅の信頼を寄せて良いか、まったく不安要素がないか、逆転し得る馬はいないのか。

 


◎⑤ウインマイティー
女王と直接対決したエルフィンSでは1.5秒差で負け、オークスでは0.2秒差と、単純に計算すれば実力差は縮まっていることになる。
……というのは半分冗談だが、他の先行馬が軒並み垂れていったオークスでのウイン2頭はかなり評価できる。休み明け&初輸送となるマリリンより選びたいのはマイティー。
前走紫苑Sは出負けが響いて6着に敗れたが、大外回して最後には上位に迫り、その強さはしっかり示してくれた。一叩きして状態が上向いていれば、そして今度はゲートをきっちり決めてくれれば。


◯⑬デアリングタクト
いわずもがな、普通にいけば勝つ。
ただ、いつも通り後方からの競馬になり、もしオークスの時のように前が塞がり追い出しに手間取るようなことがあったりしたら。広くて長い府中とはわけが違う京都内回りなら取り逃してしまうこともあるかもしれない。
オッズも踏まえるとここは相手の一頭とするか、この馬を外したワイドなどを買いたい。


▲⑫マジックキャッスル
紫苑Sでは直線で他馬と接触し、気持ちエンジンの入りが遅れた感があったが、それでも最後は伸びて4着。オークス5着からのこの結果にしては人気が無さすぎる。
どの位置で競馬をするのがベストか、テン乗り大野騎手が最適解を出せそうな気はあまりしないが、無欲でやってくれれば或いは。


△②リアアメリア
他の先行馬が皆後ろの着順になったローズSにて先行してそのまま突き抜けていき、大勝利を収めた強さは素直に評価すべき。またスタート決めて同じレースができれば打倒女王の最右翼。
……である筈だったが、渋って時計の掛かる馬場よりも軽くて速い方が向いていると思われ、内側が荒れて外差しが決まりやすい今の京都で戦わなければならないのは不運でしかない。
当日、馬場の回復具合がさほど進まなければ切るのも有りかと思っている。


他にも前哨戦を勝ったマルターズディオサ、桜花賞オークスとも一定の走りは見せているミヤマザクラ、ローズSは見た目ほど弱くなかったクラヴァシュドールなど、来てもおかしくない馬が多数いるのだが、ここはあまり手を広げずに少点数での勝負にしておくべきな気がする。
てか今日の府中牝馬Sや先月の京成杯AHなどから、自分は絞って買う方が合ってそう。


まあなんにしても。
明日も勝つ。