にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021クラシックへの道⑳ モーリス産駒と土鍋は使いながら良くなっていく?(2020.9.21)

時が未来に進むと誰が決めたんだ。
というわけで、こちらの回顧はアニバーサリーデイの中山と中京をば。

9/21(月祝)


◆中山3R 2歳未勝利 芝1600外 曇 良

⑫グローリアスカペラ Mデムーロ
⑤ジネストラ 三浦
⑥ウエスタンエポナ 戸崎圭

逃げ切りを図ったジネストラと、後方から徐々に捲ってきたグローリアスカペラのマッチレース。勝ち馬の持続力は大したもの。


◆中山4R 2歳未勝利 芝2000 曇 良

⑦ゾディアックサイン ルメール
③アポロミラクル 田辺
①バジオウ 戸崎圭

出負けするも、どスローの流れを難なくまくってきたゾディアックサインが直線更に突き抜けて勝利。初戦似たような展開からピンクカメハメハに交わし返されてしまったが、ルメなどが言っているようにモーリス産駒は使いながら良くなってくるということだろうか。


◆中山5R 2歳新馬 芝1600外 曇 良

②ブルメンダール 川田
⑫ジュリオ ルメール
⑥カバーガール 石橋脩

こっちのモーリス産駒は新馬勝ち。好位につけた騎乗含めソツがなさすぎて真価がわかりづらい。むしろ素人の目はジュリオの派手な末脚の方へ。

 


◆中京3R 2歳未勝利 芝2000 晴 良

④マカオンドール 松山
②ブレイブライオン 福永
⑨オリノコ 浜中

2歳のコースレコードでゴルシ産のマカオンドールが勝利。2週間後にクインズラベンダーに更新されるこの記録にどれほどの価値があるかは不明。


◆中京5R 2歳新馬 芝1600 晴 良

⑬ナムラメーテル 和田竜
⑧ルークズネスト 幸
③サヴァニャン 福永

番手から抜け出し3馬身差の勝利。和田騎手いわく上のクラスでもいけそうらしい。コレを書いてる10月下旬時点でもリオンディーズ産駒で2勝を挙げた者はまだいないが、期待がかけられる一頭ではあろう。
シャケトラの妹・サヴァニャンは伸びきれなかったが、まだ悲観する内容ではないか。出遅れから上がり最速で2着まできたモーリス産のルークズネストは次走凡走。


◆にわか的注目馬
ナムラメーテル