にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 富士ステークス 感想戦

久々に土日とも良い天気だった週末。
結構面白いメンバーが集まったこのレースなんて、是非ともぶらっと府中に赴いて観戦したかったのだが、まあ致し方ない。

◆富士ステークス

◎⑨ケイアイノーテック
◯⑩ペルシアンナイト

【買い目】
枠連 [7]ー[5][7]
3連複 ⑨ー⑩ー②④⑤⑥⑦⑪

これまで幾度と大器の片鱗は見せているヴァンドギャルドと昨年2着の人気薄レイエンダの気になる2頭が5枠に同居してるので枠連なぞ。あとは◎◯のワイドの予定だったが思ったより付かなかったので、まあ無かろうと思える相手を外した3連複2頭軸で勝負。

 


【着順】
⑤ヴァンドギャルド
⑪ラウダシオン
⑨ケイアイノーテック ◎
⑩ペルシアンナイト ◯
②タイセイビジョン

まず逃げる形になるだろうと思われたスマイルカナに、何故かこれまで逃げたことのないシーズンズギフトが絡んでいって先頭に立ち、3ハロン33.8・5ハロン57.4と、昼頃まで稍重だった馬場状態としてはかなりきついラップを刻む。
オイオイさすがに無茶じゃないか、それともあの鞍上のこと、何か勝算があるのかと見ていたら果たして直線ほどなくして戦線離脱。是非騎手のコメントを伺いたいところだが、おそらくそんなもんは出てこないだろう。

今回は好スタートを切り中団でレースを進めたヴァンドギャルドが良い伸びを見せ重賞初勝利。福永騎手は翌日の大仕事に向けて弾みをつける。

狙ったとおり、ケイアイノーテックもペルシアンナイトも健闘してくれたのだが、基本軽視していた3歳馬のラウダシオンが勝馬以外には抜かせずに2着。
前2頭のハイペースにある程度付き合ってしまったにも関わらず、しまいまで垂れなかったのはかなり評価して良いのでは。府中がとりわけ得意で他はそれなりという可能性もあるので、次の取捨が難しい一頭になりそうだが、即座にバッサリとはいけないだろう。

◎◯が3・4着で終了。
敗因は明確で、結局GⅠ馬は強いというレースになると踏んでおきながら若きGⅠ馬を軽視してしまったこと。後出しになるがヴァンドギャルドは実質▲扱いで考えており、好走は織り込み済みだった。
2着馬がいなければ枠連も3連複も当たっていたのだが、まあ呪うべきは敬意を欠いた己の方だろう。


新設の新潟牝馬Sでは、絶好の買い時とみたフィリアプーラが全然ダメで撃沈。日曜の敗北は既報のとおり。前週までの好調の潮目が変わってしまった模様。

次の土曜日は抽選通って久々の府中行が控えているというのにどうしたもんか。
久々に紙馬券握って現地で競馬見るというのに、ボウズで帰るなんてこと考えたくもないのだが。