にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 アルゼンチン共和国杯・みやこステークス 予想

土曜日の府中現地はおっそろしく久しぶりにトータルプラスで帰還に成功。
とはいえ、3連複1点を更に絞って3連単2点にしてしまったせいで外したり、単勝と馬連で買うつもりだったところ返し馬で一方が元気なかったので単勝のみに変更したせいでW的中を逃したりと、得られる利益をだいぶ目減りさせてしまった。
買い目や金額も実力のうち。好調だったからこそ浮き彫りになる反省もある。日々精進。

競馬というのは反省を活かす機会がすぐにやってくるのが良い。
日曜日のW重賞で、今度こそ一点の曇りなき歓喜を。

◆アルゼンチン共和国杯

◎⑤ユーキャンスマイル
◯②ラストドラフト
☆⑦アイスバブル
☆⑬タイセイトレイル


◎⑤ユーキャンスマイル
いわゆる戦ってきた相手が違うというやつ。多少斤量を多めに背負っていても、どのような展開になったとしても、このメンバーで3着を外すことはなかなか想像しづらい。
半年強の休み明けで叩きの一戦といえど、さすがに本番で勝ち負けを確実視はできないので、比較的手頃なここは本気で狙っている筈。当然人気だが外せない。

◯②ラストドラフト
GⅠは見出走とはいえ、こちらもまたなかなか上の相手たちとわたりあってきた重賞常連の一頭。
距離延長がどうかと、そもそもムラがあるタイプではあるが、力をしっかり出せれば有力かと。

アルゼンチン共和国杯と目黒記念は同条件なのに成績がリンクせず、何故か一方で走る馬はもう一方では走らないというのが定説になっているが、あえてそれに逆らってのアイスバブルと、それに従ってのタイセイトレイルという人気薄を抑え、高額配当に期待するのもアリ。

 



◆みやこステークス

◎⑥クリンチャー
◯⑦ヒストリーメイカー
▲⑩エアアルマス

ベストタッチダウンとワイドファラオが前でやり合い、そのすぐ後ろにスワーヴアラミスやエアアルマスといった隊列になるであろうこのレース。おそらくペースは結構速くなるのでは。
ここは中団で脚を溜め、決め手を使うタイプに利があるとみて、クリンチャーのダート重賞初勝利に期待。相手はそのクリンチャーを2走前に下している阪神巧者のヒストリーメイカーと、骨折による長期休養明け&ハンデ背負わされているが、状態さえ戻っていれば有力どころか楽勝もあり得る大器のエアアルマス。


このように完璧な予想印はできたものの、問題はどう買うか。この段階では馬券師の仕事はまだ半分も終わっていない。
じっくり考え、悔やまないような馬券を買いたい。