にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 武蔵野ステークス・福島記念 感想戦

もう次の週末を迎えているが、先の土日には他にもこんな注目レースがあったことを振り返る。

いきなり余談ながら、どちらも阪神現地にてメインレースのパドックでヘタクソな写真撮りに夢中になっており、武蔵野Sは見逃してしまい後からVTRで確認。福島記念はモニターに急ぐもレース後半しか観れないという失態を犯してしまった。
そんな人間に勝負運が向くはずなどもなく。

◆武蔵野ステークス

◎⑧ワンダーリーデル
◯⑥サンライズノヴァ

【買い目】
馬連・ワイド ⑥ー⑧

【着順】
⑥サンライズノヴァ ◯
⑫ソリストサンダー
⑦エアスピネル
⑧ワンダーリーデル ◎
⑪タイムフライヤー

ちょっとした芝レースですかというハイペースとなり、それでも6着に粘ったメイショウワザシは大したもんだが、これは府中の長い直線で末脚爆発系の馬にとってもってこいの展開。
サンライズノヴァとか、本来ならワンダーリーデルとか。

サンライズノヴァは府中1600ダートのマイスターとして面目躍如とばかりに怒涛の末脚を見せて5度目の重賞勝利。うち3度がこの舞台というのだから大したもの。フェブラリーSはある程度上位に入るもののあまり縁がない印象だが、メンツや調子によってはいけるかもしれない。

ワンダーリーデルもちと後方からすぎのきらいはあったが、まあ思い描いた通りの競馬だったのではないだろうか。1番人気のタイムフライヤーはきっちり差し切っているわけだし。
ただ、少し早めに内寄りから進出したソリストサンダーとエアスピネルが思いのほか粘り強く、馬券にはならず。まあ後ろからになるであろう馬を買うときは覚悟しとかなきゃいけない事象と言ってしまえばそれまで。
エアスピネルの頑張りには感動を覚えるものの、それにより的中を逃したとなると複雑な気分。どうせなら勝ってくれれば良いのだが。ソリストサンダーは正直どちらさまですか?レベルだった。

モズアスコットはまあ斤量だろうが、じゃあ軽くなったらまた以前のような強さを発揮できるかといえばそうとも限らないのが競馬の不思議なところ。ちょっと注意してみたい。

 



◆福島記念

こちらは予想記事あげなかったのだが、いかにもローカル重賞というメンバーで、どの馬も固いとは言えずどれが来ても来なくてもさほど不思議ではない。そういうときは絞るべしと、マイネルサーパスとウインイクシードの岡田系馬連とワイドで勝負。

【着順】
③バイオスパーク
⑨ヴァンケドミンゴ
⑦テリトーリアル
⑬デンコウアンジュ
⑪ウインイクシード

前傾ラップの力勝負を、中団から人気2頭が抜けてきてバイオスパークが制する。よくぞまあこれを多くの人が当てられるもんだなと世の馬券師諸兄の慧眼に感服。
池添騎手は全10場の重賞を制覇。史上六人目で現役では四人目とか。きっちり仕事をしてきた一つの証、賞賛したい。
まあリーチがかかってる川田や福永や戸崎が狙いにいったらすぐにでも達成してしまいそうではあるのだが……

馬券は全くダメ。丹内はたんねぇなぁと毒づき、エリザベス女王杯の返し馬を見るために走ったのであった。


結局今回の阪神旅打ちは、平場で一時調子良くなったものの、トータルはまあまあのマイナス。土日すべてのメインで負けたことが主な敗因であることは言うまでもない。

他にも障害の絶対王者が敗れる姿を目の当たりにするなど、全体的にほろ苦さを噛みしめさせられた二度目の阪神。
早急に三度目の機会を作り、今度こそリベンジをしなければ……