にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 ステイヤーズステークス ・チャレンジカップ 予想

どんなに上手くいかないことばかりでも落ち込むことばかりでも、週末になれば競馬がやってくる。その事実がどれだけ心を助けてくれることだろうか。
どうか今後も開催を止めることなく、国家の財政と我々の心を潤し続けてもらいたいと願ってやまない。ついでに我が財布をも潤してくれれば言うことなし。

◆ステイヤーズステークス

◎⑦メイショウテンゲン
◯⑤アルバート
▲④ボスジラ
△②シルヴァンシャー
△⑩タイセイトレイル

2500とか3000といった長いとされている距離とはまた違う適性というものがあることを思い知らされるのがこのレース。
適性未知数の人気馬よりも、一定以上のレベルでこなせると実証されている馬にこそ妙味ありと見る。


◎⑦メイショウテンゲン
昨年のこのレースは最後のコーナーで京成中山駅へと向かってしまうロスがありながらも最後は迫っての4着。その後3400でも3000でも好走しており、地力も適性も実証済。
負け過ぎの前走から立て直しができていれば相当有力ではないかと。


◯⑤アルバート
3連覇を果たした時にはその前走も好走していたのが、昨年は京都大賞典大敗からの臨戦。稀代のステイヤーもさすがに衰えたかと評価低くしていたところ『本番』のこのレースでは見事な走りで2着。ここにはここの適性があると思い知らされたのはこの経験によるところが大きい。
昨年と同様の臨戦で昨年よりは妙味あり。ここはこの舞台でも大敗を喫するまで買っとくべきなんじゃないかと。


この2頭を中心に買い、あとは冬の風物詩ともいえるこのレースをたっぷりの尺で堪能しよう。

 



◆チャレンジカップ

◎⑪ブラヴァス
◯①ヒンドゥタイムズ

馬自身や陣営に敬意を欠いた言い方になってしまうかもしれないが、ハッキリ言って中距離の混合重賞としては稀に見るメンバーレベルの低さである。
500万下を突破できていない1勝馬や、前走門別で6.5秒差つけられてのシンガリ負けの地方馬などが、レース名通りにチャレンジしてくるのは結構なことではあるが、もちろん馬券は別。


◎⑪ブラヴァス
ローカルではあるが重賞を4着2着1着と、このメンバーでは頭抜けた実績の持ち主。もしここがハンデ戦であれば59は背負っていたのではなかろうか。
まだ4歳と更に上を狙えるだけに、ここは余裕で勝ってもらいたいところ。


◯①ヒンドゥタイムズ
そのブラヴァスと準OPで差のない競馬。最内枠で武豊。あまりにも怖すぎる。


一部の人たちの間では幻の秋華賞馬と囁かれるレイパパレについては、重賞初挑戦・初距離で単勝1倍台とかいつもなら文句なしで切りなのだが、このメンバーだとどう考えても有力なので困る。
手堅くいくか勝負に出るか、悩ましいところではある。


まあ生きてりゃ色々あるが、土日の競馬ぐらいは全部忘れて楽しもう。