にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 チャンピオンズカップ 反省文

ちょっと泣きたい。

前日時点では印付けた5頭で3連複ボックス(◎絡みだけ厚め)で買おうとしていた。
当日、実家でぼんやり過ごしており、ああそろそろメインの時間だ馬券買わなきゃと、何故か前日こう買おうと考えていたのをすっかり忘れて、◎を軸、勇気を持って切るはずだった馬を3列目に入れるというフォーメーションでBET。

何でそうしたのかはわからないが、そんな買い方をして臨んだダートの大一番。

◆チャンピオンズカップ

◎⑮クリソベリル
◯⑪チュウワウィザード
▲⑧サンライズノヴァ
△②ゴールドドリーム
△⑬インティ

【買い目】
3連複 ⑮ー②⑧⑪ー②④⑧⑪⑫⑬
馬連 ⑧⑪⑬/②ー⑬

【着順】
⑪チュウワウィザード ◯
②ゴールドドリーム △
⑬インティ △
⑮クリソベリル ◎
⑫モズアスコット

 


最初控えるかと思われたインティだが、馬の手応えが良かったか鞍上がこりゃいけるぞと判断したのか、グイグイ前へ出ていき、エアアルマスと並行して先頭で引っ張る形に。
こういうときはどちらも残るかどちらも沈むというケースが多いような気がするが、GⅠ馬を舐めてはいけない。状態さえ整えば君など相手じゃないよとばかりにコーナー抜けるとエアアルマスを置いていく。

クリソベリルは掛かり気味な様子を何とか抑えつつ、逃げ馬を前に見る好位置につける。これは昨年と同様の勝ちパターン。やはりこの馬が前を抜かして、後ろからは届かせずに勝つのかなと思われた。

しかし直線、クリソベリルはいつものど迫力の伸びを見せない。代わりに伸びてきたのは大本命をマークする位置にいたチュウワウィザード。大井では歯が立たなかった相手を抜き去り、前にいたインティも捉えて善戦マンの評を覆す中央GⅠ制覇を成し遂げる。
粘るインティに後方からゴールドドリームが迫り抜き去ったのは昨年同様。いずれも持ち味を見事に発揮してくれて、やはりGⅠで活躍した馬を舐めてはいけないと思い知らせる見事な走りだった。

結局、昨年と1着4着が入れ替わる結果に。
国内初の敗北を喫したクリソベリルはおそらく状態面かと思うが、薄っすら危惧はしていたとおり詰めて使えないタイプということだろうか。
こうなってくると次走どこ使うかは考えもので、多分出ないとは思うが暮れの大賞典なんかに出てきた日には馬券的な取り扱いに非常に難儀することになりそう。


◯→△→△で決着。しかし何度見てもこの組合せは買っていない。妙味あるインティ中心に馬連なぞ抑えていたのだが、そちらもタテ目。
前日考えたとおり印付けた馬だけでボックスにしておけば100円でも35,000円、200円なら70,000円の払戻になり、この負け続きのGⅠ戦線一気に逆転も可能だった。

まあ言っても詮無いことではあるのだが、まだしっかり吟味して、決断して変えたのなら悔いも少ないのだが、ぼんやりと何となく、広いようでいて軸が来なければおしまいという買い方をしていた昼下がりの己が本当に、つくづく、何をしているんだかと呆れられてならない。
馬券で後悔などほとんど毎週のことではあるが、これほど弩級なのは2017の秋天以来。あの日帰りの京王線で、もうこんな思いをしないように競馬に向き合おうと決意したことが遠く思い出される。

まるで成長していない自分を痛感。
いい歳した身にはこれもキツい。